昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「怖い話」が読みたい

2020/12/27

genre : ライフ, 芸能

ゾッとする形相で倒れていた父親

「ドタドタドタッ!」

 部屋の外から凄い音がしたので、急いで玄関を見に行くと、ドアが開いていた。

 当時達樹さんは市営住宅の3階に住んでいたのだが、部屋の外に出てみると、親父さんは1階の踊り場で倒れていた。達樹さんはすぐさま親父さんを介抱しようとするも、顔を見てゾッとしたという。

「オニムシはおる」

 そう呟いていた時とまったく同じ形相だったからだ。

©iStock.com

 すぐに救急車が到着し、一緒に乗って病院へ行った。しかし親父さんはすでに息絶えていた。

 死因は脳挫傷。

 脳挫傷とは、頭部を強打するなどの要因によって外傷を受けた際に、頭蓋骨内部で脳が衝撃を受けて、脳本体に損傷を生じる状態のこと。つまり外的要因で亡くなっている。ガンが原因ではなかったのだ。

「オニムシ」とは何だったのか?

 達樹さんは後になって「オニムシ」について調べた。

 オニムシとは、クワガタやカブトムシなどの角の生えた昆虫を表す、主に栃木や茨城でよく使われる方言である。

「後から思ったんですが、親父が毎日電話してたのは保険屋ではなく、別の、角の生えた“何か”やったんかなぁと。何かから逃げるように死んでいった親父の行動から、今でもそう思っています」

 余談だが、僕は今から4年前に、自分だけが真っ黒になって写っている写真が撮れた。

 
 

 その写真を見た怪談和尚の三木大雲住職は、「タニシさん、あと5年で全てをなくします」と忠告した。

 余命宣告ではないが、その忠告が正しいのならば、来年が僕にとって“最後の1年”になる。果たして僕にも「オニムシ」という虫の知らせは来るのだろうか。

その他の写真はこちらよりご覧ください。

この記事の写真(13枚)

+全表示

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー