昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2020年の言葉

「強く生まれた者の責務です」鬼滅・煉獄杏寿郎の生き様が“2020年の日本”に深く刺さったワケ

2021/01/07

 コロナ禍に翻弄された2020年。コロナの打撃によって社会が音をたててきしみはじめている。医療の現場は逼迫し、生活苦に陥る人たちも増え続けているようだ。現在は感染拡大の「第3波」がやってきており、感染力の高い変異種も見つかった。煽るつもりはないが、先行きはまったく不透明だ。

 苦難にまみれたこの年を代表するエンターテイメント作品として、間違いなくタイトルが挙がるのが『鬼滅の刃』だろう。

 特に『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』はよもやよもやの爆発的なヒットとなり、10月16日に公開されてからわずか2か月半で興行収入346億円を記録。国内興収歴代1位の座を『千と千尋の神隠し』から奪ってしまった。今後もまだまだ記録を伸ばしていくだろう。

『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』は大ヒット ©AFLO

“もう一人の主人公”煉獄杏寿郎の魅力

 なぜ『鬼滅の刃』がこれほどまでの人気を集めるのか? これまで、すでに多くの理由が考察されてきた。迫力のあるアクション、多彩なキャラクター、主人公・竈門炭治郎の優しさと真面目さ、努力、家族愛、生きることと死ぬことのそれぞれの強さ、哀しさ、せつなさ、はかなさ。

『無限列車編』に限ると、作中のもう一人の主人公とも言えるキャラクター、煉獄杏寿郎の魅力が挙げられる。明朗快活な性格でありつつ、必ず仕事を最後までやり遂げようとする強い責任感を持つ男。鬼殺隊の「柱」として炭治郎たちを率い、鬼を相手に屈することなく最後まで立ち向かう。 

 強くて仕事ができるだけでなく、兄貴肌でどこまでも後輩思いなのも印象深い。2021年「理想の上司」ランキングに必ず入ってくると予想しておく。

煉獄杏寿郎が表紙を飾る『鬼滅の刃』8巻

杏寿郎の母が語った「責務」という言葉

 劇中、杏寿郎によってたくさんの心震わせられるセリフが発せられたが、個人的に印象に残った言葉は、杏寿郎の母親・瑠火のセリフだった。幼少期に母親からかけられた言葉が、杏寿郎の生き様の背骨になっていたのは間違いない。それは、このようなものだ。

弱き人を助けることは強く生まれた者の責務です。責任を持って果たさなければならない使命なのです。決して忘れることなきように。

 病床にいた瑠火だが、弱々しさのまったくない、毅然とした口調で息子に語りかける。生まれ持って得た強さは、あくまでも弱き人を助けるためのもの。その力は、世のため、人のために使わなければいけない。

 瑠火は「天から賜りし力で人を傷つけること、私腹を肥やすことは許されません」とも断言している。「責務」とは「義務を果たすべき責任」という意味だ。「責任」に「義務」がともなっているのだから、単なる「責任」より重い。杏寿郎も戦いのさなかに「俺は俺の責務を全うする!」と叫んでいた。