昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

1年間で220泊した私が選んだ「本当によかったホテル&旅館」50選(2020年5月~8月編)

2021/01/11

genre : エンタメ, , 娯楽

 ホテル評論家として2020年の1年間でホテル・旅館に宿泊したのは約220泊。コロナ禍という状況で、「泊まってよかった」といえるホテルの条件は変化したのだろうか――。「1月~4月編」、「5月~8月編」、「9月~12月編」と3回に分けてお届けするこの企画。今回は5月~8月編だが、5月は緊急事態宣言が発令されていたため宿泊はなし。6月からお届けする。

■06月07日(日)アパホテル 山手大塚駅タワー(東京都豊島区)

https://www.apahotel.com/hotel/shutoken/yamanote-otsuka-eki-tower/

 

 アパホテルの6月30日まで“2500円で泊まれるプラン”が人気と聞いて取材も兼ねて出向く。基本リモートワークなのでやはりデスクは気になるところ。デスクの形が斜めに切られておりやや狭い印象を受けたが、大浴場や高層ホテルならではの眺望など気分転換のポイントとなった。

 

 アパホテルのベッドは“クラウドフィット”というオリジナルベッドだが、高級ホテルが使用していることで知られるシーリーと共同開発したマットレスを、このホテルでももちろん採用。もはや当然のようなデュベスタイルにして、清潔感の高い寝具は心地よい寝心地を約束することを改めて実感。

■06月18日(木)ベッセルイン栄駅前(愛知県名古屋市)

https://www.vessel-hotel.jp/inn/sakae/

 

 地下鉄東山線・名城線、栄駅1番出口から徒歩2分という好立地ホテル。周辺にはグルメ、ショッピングなど名古屋を楽しむおすすめスポットが目白押し。ロビーから続くスタイリッシュなラウンジではウェルカムドリンクサービスを実施しており、14時~23時の間に楽しめる。

 

 明るい色とナチュラルさをベースに高品質のベッドや調度品など“ホテルの格”も感じる快適な客室。デュベスタイルのベッドメイクも当たり前のように採用されており、客室をより広く見せている。客室の色合いがナチュラルでシンプルなので、限られた客室面積でも圧迫感がなくリラックス感も高い。

■06月20日(土)伊勢外宮参道 伊勢神泉(三重県伊勢市)

https://www.iseshinsen.jp/

 

 伊勢市駅に降り立ち外宮参道へ向かうと右手に見える、圧倒的な存在感を放つ建物が今回の目的の宿。眺望を意識してかロビーは最上階にある。基本和室タイプだがベッドも設えられているホテルライクな和洋室は快適だ。全客室に完備されている天然温泉露天風呂は贅沢この上ない。

 

 伊勢の駅前といえば、宿のある外宮参道の入り口にオシャレなカフェや陶器のお店などが並ぶエリアがあるが“全て伊勢神泉の運営”だ。施設内には日本料理店が併設されており、伊勢海老をはじめ地物の魚介が満喫できる。