昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

女性を指名したいのにと思うけど…なぜ女性美容師は圧倒的に少ないのか

2021/01/19

 なぜ美容師は男性ばかりなのか。

「女性の社会進出」を問われる現代ですが、美容師さんは圧倒的に男性が多い。アラフォー世代には特に女性が少なく、仕事やプライベートの価値観が変化した20、30代であっても女性は少ないです。

 その一方で「男性の美容師が苦手、できれば女性で」というお客様側のご要望は少なくありません。接客業において女性は貴重な人材です。デパ地下食品フロアの店員さんなどは今もほとんど女性ですし、男性に対して見えない圧を感じる方も少なくないようです。

「技術職だから、器用な男性が残るのかな?」ともよく聞かれますが、そこには別の理由があります。

©️iStock.com

美容学校は女性比率が高い

 下のデータは2019年の美容学校の在学生(「美容学生」と呼びます)の数です。女性比率は70%ほど、つまり美容学生は圧倒的に女性が多いのです。

美容学校在校生の男女別では、男子8672人、女子2万5618人で、男子学生が25%を占め、男女比は男子1:女子3だった。

 

(「美容学校在校生の男女比1対3に」理美容ニュース、2019年8月9日)

 僕の美容学生時代も、学校の男女比は男2:女8でした。それが卒業して10年以上経つと、同じクラスの40人のうち美容師を続けているのは15人程度、そのうち女性はわずか2人、です。それでも業界では「美容師を続けている人が多い方だ」と言われます。

 結局残っているのは、ほぼ男性。僕らの時代では美容師は人気の職業だった為、都内の専門学校で倍率があがったほどでしたが、同級生は10年の間にほとんど美容師ではなくなっています。ではなぜ現場には女性が少ないのか?

女性美容師が現場に少ない理由

 一つはまつげ業界の存在です。まつげ業界はパーマなど薬剤を使うことから、数年前から美容師免許が必要になり、それを目的として国家試験を受ける方も増えています。つまり在学生の何割かは、まつげの仕事に就くために美容師免許を取るのです。

 また、美容師をドロップアウトした方がまつげ業界に転職することも多くあります。既に美容師免許を持っていて、まつげの技術は習得するのに時間もそれほどかからないため、次の働き口の受け皿になっています。

 ちなみに、卒業後の就職先に美容室を選ばなかった方、また美容師を辞めた女性の多くは、美容部員(デパートの化粧品売り場で働く方のこと)やエステ、ネイル関係に就職します。

©️iStock.com

 これらに美容師免許の資格は必要ありませんが、元々お洒落の素養を持っていて、メイクやネイルの知識も活かされます。その他はお洒落好きな為アパレル関係、ファッション界から離れてOLになる方も多いです。

 ですが、まつげの仕事に就くために美容学校に通う事例はここ数年の話なので、10年以上前に在学生だった、僕らから上の世代には当てはまりません。多くの女性同級生は、美容室への就職をしていたはずです。