昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

他国を圧倒する“人口あたりの病床数”

 まずは日本の病床の数だが、OECDのデータによると人口1000人あたりの病床数は13.0と他の先進国を圧倒している。
 https://data.oecd.org/healtheqt/hospital-beds.htm

 もっとも上記の数には療養病床など、慢性期医療に利用され、新型コロナへ対応するのが困難な病床も含まれている。

 では、急性期医療向けの病床はどうか。これも以下のデータが示すように、人口1000人あたり7.8と1位なのだ。
 http://www.oecd.org/coronavirus/en/data-insights/hospital-beds-acute-care

 また、ICU(集中治療室)など、より重症の患者を診る病床の数も厚生労働省の資料によると、決して少なくない。
 https://www.mhlw.go.jp/content/000664798.pdf

©iStock.com

 MRIも人口あたりの数は世界一。
 https://data.oecd.org/healtheqt/magnetic-resonance-imaging-mri-units.htm

 CTもやはり人口あたりの数は世界一。
 https://data.oecd.org/healtheqt/computed-tomography-ct-scanners.htm#indicator-chart

医師数は確かに少ないが……

 とはいえベッドや機材があればいいというものではない。医師や看護師がいないと医療はできないからだ。その点もOECDのデータで確認してみよう。

 まずは医師数だが、人口1000人あたり2.5人。これはOECDの下位に位置する。
 https://data.oecd.org/healthres/doctors.htm#indicator-chart

 一方で看護師の数は人口1000人あたり11.8人と上位である。
 https://data.oecd.org/healthres/nurses.htm#indicator-chart

海外では飛行機で患者を搬送

 たしかに日本の人口当たりの医師数は多くない。だから日本は「医療崩壊」の瀬戸際にあるのだろうか。

 森田医師はそうした見方を否定する。なぜなら被害の規模が欧米各国よりもはるかに小さいからだ。

 記事執筆時点での数字をみると、アメリカの感染者数は日本の30倍以上、死者数は40倍以上だ。ヨーロッパは国によって差が大きいが、優等生とされるドイツであっても感染者数、死者数は、それぞれ日本の12~14倍だ。

 こうした状況は以下に示すアメリカのCDC(疾病対策予防センター)のデータで確認できる。
 https://covid.cdc.gov/covid-data-tracker/#global-counts-rates