昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2021/01/24

意外な色合いと香ばしい香りに裏切られる「ココナッツチキン」

 これもまたマニアなら袋を開けた瞬間その色合いと香りにニヤリとするかもしれません。ココナッツとあるのでタイカレーのような白っぽいマイルドなカレーを連想する人もいるかもしれませんが、実際の中身は濃い褐色。

 カレーにココナッツを多用するのは南インドカレーの特徴のひとつですが、その使い方には大きく2種類。ココナッツミルクの乳化が解けないように慎重に仕上げるやり方と、しっかり加熱してその香ばしさも引き出す方法。こちらはその後者となります。

 

 さらに印象的なのがカレーリーフとマスタードシードの香り。どちらもスパイスとしては比較的穏やかな香りながら南インドカレーの芯の部分を支えるしたたかな力強さがあります。その他のスパイスの香りも含めて極めて重層的な味わいで、こちらは南インドの高級レストランを思わせる典雅な味わいに着地していると感じました。

 マニアの方には「どこか『チキンチェティナード(タミル地方の交易都市チェティナード名物のスパイスをふんだんに使用した名物カレー)』的な趣もある」と説明するとわかりやすいかもしれませんね。

z