昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

友人たちは「サークルの飲み会が断れない」と

ーー渡辺さんはその考えについてどう思いますか?

渡辺 私はあまりそういうのが得意ではないです。たとえば「楽しくないサークルの飲み会で毎回4000円、5000円払わないといけない」みたいな友達を見ていると、「それ、行かなきゃいけないのかな」って感じるタイプというか。

ーーそういう飲み会、大学生のみなさんは行くんですか。

渡辺 「みんな行くから断れない」とか、「行かないとサークルでちょっとよくないポジションになっちゃう」みたいなことを言う友達はかなり多いです。

ーー渡辺さんはそういうところから、ナチュラルに抜けられるタイプなんですかね。

渡辺 そうかもしれないです。私自身もサークルに入っていたんですけど、大学2年生になる時に「あれ? 自分の楽しいこととかに時間使ったほうがよくない?」と思ってから、スルスルッと抜けましたね。

 それが許されるぐらいの関係を周囲と作って、サークルを抜けても先輩とは普通に仲良くしていました。

ーー器用、マイペースなどと言われる?

渡辺 「うまく生きるのが得意だよね」とはよく言われます。就活の話になると、「お前はやっぱり大企業は向いてないよね」ってみんなに言われるんです。やれって言われたらできると思うんですけど、あんまり魅力を感じない。みんなと一緒の安心を求めるよりも、自分がいいなと思ったほうに突き進んでいくタイプなんだなと思います。