昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

長瀬智也の“俳優の格”を上げた「2人の女性」とジャニーズ退所後もオファーがくるワケ《「俺の家の話」が話題》

2021/01/29

 長瀬智也(42)主演のドラマ「俺の家の話」(TBS系)が話題だ。戸田恵梨香や桐山健斗、永山絢斗、江口のりこ、西田敏行ら手練れ俳優らの豪華さもあるが、なんといっても体重を13キロ増やしてプロレスラー役に挑んだ、長瀬の熱演に注目が集まっている。

 2020年7月22日、長瀬は今年3月いっぱいでジャニーズ事務所を退所することを発表。その後について「他事務所に所属することなく、裏方としてゼロから新しい仕事の形を作り上げていく」と表明している。

「俺の家の話」は長瀬にとって最後のドラマとなる、はずだ。

「俺の家の話」(TBS系) (公式サイトより)

長瀬の肉体と暑苦しい演技が光る

「今回、長瀬が演じているのは中年プロレスラー観山寿一です。能楽宗家に生まれ神童と呼ばれたが、人間国宝の父親・寿三郎(西田敏行・73)に反発して17歳で家出。『ブリザード寿』のリングネームで人気レスラーとなるが、ケガで落ち目になり、年齢的にも限界。妻には離婚を切り出される、という中年の悲哀が漂う役どころです。

 寿一は父の危篤の知らせを受け、プロレスラーを引退して、寿三郎の介護を手伝うことになるのですが、父親の“婚約者”である介護ヘルパーの志田さくら(戸田恵梨香・32)が登場し、父親の財産を巡ってすったもんだするという……。涙あり笑いありのドタバタコメディです。長瀬にこういう役をやらせるとピカイチですよね。暑苦しい演技が光っています。第1話の評判は上々ですよ」(スポーツ紙記者)

 今作は「池袋ウエストゲートパーク」(2000年)、「タイガー&ドラゴン」(2005年)、「うぬぼれ刑事」(2010年)を担当したTBSの磯山晶プロデューサー(53)、脚本の宮藤官九郎(50)が制作陣を引っ張っている。世間的には、長瀬の引退を華々しく飾るために、この黄金コンビが用意されたと見る向きもあるが、実はそうではない。

「連続ドラマの主演キャスティングなんて、現在は1年近く前に決まっていますから。長瀬の退所発表よりも前に決まっていた仕事のはずです。なので、事務所退所発表の影響でドラマも降板、なんてことにならなくてよかったというところでしょう」(スポーツ紙芸能デスク)

 長瀬は今作のために役作りで13キロ増量したのだという。身長185センチとジャニーズでは異例の高身長だが、さらに増量と筋トレによって筋肉はパンパン。現在は100キロ近くにパンプアップしたのではないかと思われる肉体を誇っている。

 しかし長瀬はそんな苦労を見せることはなく、1月18日にオンラインで行われた制作発表では、筋骨隆々の体つきで写っているポスターを見ながら「ヘビメタを聞けば、ああいう体になるんです」と笑った。