昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「対面が一番かと言われれば微妙」東大生の75%がオンライン授業に満足する意外な理由って?

『オンライン授業で大学が変わる コロナ禍で生まれた「教育」インフレーション』より

2021/02/22

オンライン授業ならではの可能性

――オンライン授業の継続を求める声が多いことをどう思いますか。

「私自身もオンライン授業は残していいと思っています。従来なら同じ時限にやっているほかの授業は受けられませんでしたが、録画ならそれができます。3限が駒場(キャンパス)で4限が本郷(キャンパス)という授業の組み合わせは無理でしたが、それも可能になります。そういう自由さがオンライン授業にはある。対面とオンラインのどっちがいいかではなくて、どちらも提供されていて『選べる』のがいいですね」

©iStock.com

――オンライン授業ならではの可能性があるということですね。

「先生方と話していて思うのは、オンライン授業で行われているように資料を配布しておき、学生に事前に読ませて授業はディスカッションをやるというふうに変わっていくといいと思います。日本は『知識を教える』型の教育をずっと続けていますが、それとは違う波に乗るきっかけになるかもしれません。学生にとっては大変だけど、面白くなると思います。コロナが終わったから元に戻ろうね、ではない道を探るべきだと思っています」

この記事の写真(9枚)

+全表示

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー