昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「残業代を付けてほしい…」ブラック化が叫ばれる“教育業界”に自ら進んだ若手教員の本音

『教員という仕事 なぜ「ブラック化」したのか』より #1

2021/02/08

 長い労働時間、モンスターペアレントへの対応、教員間のいじめ、休日に担当する部活顧問……。教育業界は労働環境のブラック化が問題視されはじめて久しい。しかし、いまも教員を目指す人たちは決して珍しくない。教員=ブラックな仕事との見方が社会に一般に広まっている中で、いったいどのような思いのもと教職を目指し、実際に働いてどのようなことを考えているのか。

 教育ジャーナリストの朝比奈なを氏の著書『教員という仕事 なぜ「ブラック化」したのか 』(朝日新聞出版)を引用し、20代の現役学校教員の声を紹介する。(全2回の1回目/後編を読む)

◇◇◇

 取材に応じてくれた高藤(仮名)さんは2020年1月の取材当時は教員1年目、落ち着いた物腰で笑顔を絶やさない青年だった。教員=ブラックな仕事と広く認知されている今、教員になることを目指して実現させた彼のストーリーを追ってみる。

小学校以来、ずっと学校が大好きだった

 会社員の父、パート勤めの母、4つ下の弟の4人家族で彼は育った。彼は小学校以来、ずっと学校が大好きだったと語る。

 地元の小規模な公立小学校に入学した彼は、3年生の時のことを楽しそうに語った。元気な彼はクラスの「3バカトリオ」の一員とみなされていた。定年間近の女性担任は休み時間にもいつも子どもたちと一緒にいた。子どもの一人が「先生、白髪があるよ」と言うと、「じゃあ、抜いて」と担任が答え、友人とともに白髪抜きをしたという。

 4年生の担任は若い女性教員だったが、子どもの目から見ても指導力に乏しく、担任を馬鹿にした態度を取る児童が多くなったそうだ。

 少し中だるみしたような学校生活が5年で変わる。担任は溌剌とした体育会系の若い男性教員で、学習指導にも熱心だった。

©iStock.com

 小学校入学時から近所の個人経営学習塾に通っていた高藤さんは、それまでも勉強は嫌いではなかったが、「5年生の時に、もっと勉強をやるようになった」そうだ。この担任は自習学習でドリルを完成させると子どもたちにシールをくれてノートに貼らせた。「普通の丸いシールでしたが、それで自分の努力が可視化され、一層頑張って勉強をやるようになりました」と彼は語る。

 運動はやや苦手だったが、それも変わり始める。サッカーをやっていた友人と一緒に朝早く登校して始業までの約1時間走るようになった。「もとはできなかったのでそれでも人並みになった程度でしたが」と言いつつも、この年に体力や運動能力が向上したことを実感したという。