昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「死んでもAさんBさん諸々恨みます」18歳で自殺した元アイドル・月乃のあさんが残していた“遺書”公開《母親が悲痛告白》

 2020年9月30日14時55分、アイドルとして活動していた月乃のあさんが愛知県名古屋市内のホテルから飛び降りて自殺を図り、18歳という若さで亡くなった。

 小学生から地元の名古屋でアイドルとして活動していた月乃さんは2018年、玉城ティナや菅本裕子を輩出した講談社主催のオーディション「ミスiD」に出場。同年5月からは東京を中心に活動する「ヲルタナティヴ」というアイドルグループに在籍していた(現在は解散)。グループを卒業後は、飲食店などでのアルバイトを経て、2020年5月から亡くなる10日前まで名古屋市内にあるコンセプトカフェ(メイドカフェの一種)で働いていた。

 

 月乃さんが亡くなって5カ月。その自殺の理由については、セクハラからSNSでの誹謗中傷まで様々な憶測を呼んでいるが、その真相については明らかになっていない。

 今回、月乃さんの母親・Rさんが、これまで公開してこなかった月乃さんの遺書を世に出す決意をした。「ファン思いだったあの子のためにも、ひとりでも多くの人に真実が伝わってほしい」と公開を決めたという。Rさんの現在の思いを聞いた――。

月乃さんが残した遺書は合計9通あった

◆◆◆

亡くなる直前に母親に《言葉のナイフで殺される》

《18さい ママ弟おばあちゃんおじいちゃんファンのみんな友達大好きでしたさようならずっと死んでもAさんBさん諸々恨みます人は簡単に言葉のナイフで殺される》(※A、Bは実際には実名。月乃さんとの関係性については後述)

 これが、のあが亡くなる40分前に娘から私宛に送られてきたメッセージです。このメッセージを送ってから娘は名古屋市内のホテルの屋上から飛び降りてしまった。祖母はのあが亡くなった現実を受け入れられず、精神的に立ち直れない状態で、今入院しています。小学生の、のあの弟は「誰が一番悪いの? 誰がお姉ちゃんを殺したの?」って……。家族みんな辛い思いをしています。

インタビューに応じた月乃さんの母・Rさん

 

亡くなる40分前、月乃のあさんが母親に送ったメッセージ
亡くなる40分前、月乃のあさんが母親に送ったメッセージ

小学校4年生のときに「私もアイドルになりたい」

 のあは、小学校1、2年生くらいまではすごく内気で引っ込み思案な子だったんです。私が仕事ばっかりだった分、すごいおばあちゃん子でしたね。のあが小学3年生の時に、私が再婚したんですけど、そのことでのあはすごく悩んでしまいました。

 そんな時に、隣町のご当地アイドルに出会ったんです。境遇とか共感できる部分が多かったみたいで、応援しているうちに段々と明るくなってきて、「私もアイドルになりたい」と言い出したんです。この子のやりたいことは認めてあげようと私は賛成しました。そして、小学5年生から名古屋のカフェで歌って踊るアイドルを始めました。当時は「ランドセルアイドル」っていうので話題になっていました。