昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「人差し指を根本から切断して…」不始末にけじめをつけるヤクザの“指詰め”のリアル

ヤクザとしきたり#3

2021/02/21

genre : ニュース, 社会

 サラリーマンでも、個人事業主でも、仕事をしていれば、必ず失敗やミスは起こり得る。一般社会では、相手に頭を下げたり、上司に始末書を提出することで一応の区切りとなるが、暴力団社会では「自らの指を切断する」という伝統的な決着方法がある。

「指を詰めることは、不祥事、不始末があった際のヤクザのけじめ。ヤクザは『すみませんでした』の一言では済まない」

 暴力団幹部たちはそう口を揃える。いったい、どんな場面でそのような行為が行われているのだろうか。

(写真はイメージ)©iStock.com

「その程度の不始末で指を詰めるのか?」という事例も

 東京都内を中心に活動している指定暴力団幹部が、ヤクザの指詰めについて語る。

「例えば、あるヤクザがミスをして1000万円の穴をあけてしまい、幹部から『どうするんだ。責任を取れ』と追及される事態になったとする。このご時世、1000万円を作れと言われても、そう簡単には作れない。そうなると『それで済むなら』と指を詰めることになる」

 別の指定暴力団のベテラン幹部は、次のように振り返る。