昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

カニバーガーにお好み焼きバーガー? 忘れてはならない日本最古のハンバーガーチェーン「ドムドム」の魅力と今後

2021/02/28

genre : グルメ, 企業

 「ドムドムハンバーガー」といえば、40代以降のミドルエイジにとって懐かしいブランドなのではないだろうか。

 1号店が東京都町田市にオープンしたのは1970年のこと。マクドナルドの日本初上陸(1971年)よりも1年早く登場したドムドムは、まさしく国内ハンバーガー市場の草分け的存在だ。

東京都町田市のドムドムバーガー

  最盛期には全国に400店舗超を出店。ところが2000年代に入ると、当時の運営母体であったダイエーグループの不調によって多くの店舗が閉鎖に追い込まれ、今では全国に26店舗を展開するのみとなっている(※2021年2月現在)。――いや、もしかするとドムドムがまだ現役を張っていることを知らない人も多いかもしれない。

 一時代を築きながら、懐かしのブランドとなってしまったドムドム。しかし、令和を迎えた今、にわかに勢いを取り戻しつつあるのをご存知だろうか? ドムドムの近況を追ってみよう。

古参ファンが大勢集まったポップアップイベント

 「実家の近所に店舗があったので、子供の頃よく食べていたんです。こうして再びドムドムのハンバーガーが味わえるのは、なんだか感慨深いですね」(都内在住・40代男性)

 そんな喜びの声が聞かれたのは、昨年2月に東京・世田谷区内で開催された、1日限定ポップアップイベントでのこと。

大盛況だったポップアップイベント

 田園都市線・池尻大橋駅前のイベントスペースに突如出現したドムドムは、開店直後から雨足をものともせず大行列ができる盛況を見せた。

関連記事