昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

毒親、派遣切り、1000万円の妊活失敗……アラフィフ一般職女性の「キャリア」とは《昼スナックママのお悩み相談》

紫乃ママのお悩み相談#1

2021/03/14

 東京・赤坂見附の一角で、昼間に開店する「昼スナックひきだし」。ここには会社員から社長、子連れの主婦までありとあらゆる人が集まってくる。客のお目当てはカウンターの中に立つ“紫乃ママ”だ。

 紫乃ママは慶應大学卒業後にリクルートに入社。7年間勤めた後に体を壊して退職した。その後40代まで転職を繰り返し、プライベートでは3回の結婚をするなど、波乱万丈の人生を送ってきた。現在は豊富な経験を生かして、中高年のキャリアコンサルティング会社を経営するかたわら、昼スナママとして様々な悩み相談に乗っている。

 そんな昼スナックで繰り広げられる人生相談が『昼スナックママが教える 45歳からの「やりたくないこと」をやめる勇気』(日経BP)で書籍化。悩める中高年への紫乃ママの愛あるアドバイスの数々から、一部を抜粋して転載する。

 今日、昼スナを訪れたのは……?(全2回の1回目)

「昼スナックひきだし」の紫乃ママ

 

※個人が特定されないよう、事実関係を一部変更している部分があります。あらかじめご了承ください

来店客 自分の存在価値が見いだせない一般職47歳

西内由香さん(仮名、47歳、既婚)

大学卒業時は就職氷河期で小さな商社に就職。27歳で結婚退職後は派遣社員として働き、32歳で離婚して実家に。親からの縁談攻撃に耐え切れず1人暮らしを始めるも、リーマン・ショックで派遣切りに遭う。アルバイトをしていた37歳の時、10歳年下の夫と出会って結婚。派遣社員として入社した大手金融で、奇跡的に正社員に登用されて勤続10年目。事務職でスポットが当たることもなく、1000 万円かけた妊活にも失敗。キャリアも子どももない人生にむなしさを感じます。

紫乃ママ いらっしゃい。何、飲みます?

由香 最近すっかり弱くて……。ジンジャーエールをお願いします。今日は紫乃ママさんに相談したいことがあって。

紫乃ママ 紫乃ママ「さん」はやめてください(笑)。どうしたんですか?

由香 一般事務職のアラフィフって、この先、どうやってキャリアを積めばいいんでしょうか?