昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「『一生償う』を守らなければ不法行為の可能性も」弁護士が解説する交通事故・加害者と被害者の“その後”

有名経営者・辻敬太氏の事故は「法的に決着がついた話」なのか

 2月中旬、とある10年前の交通事故をめぐってトラブルが起きた。2月4日にYahoo!ニュースで公開された記事「車に衝突され、意識不明の息子 9年半介護続ける両親の割り切れぬ思い【親なき後を生きる】」をめぐって被害者の認識と加害者の認識が対立。さらにはその加害者が今注目されている若手経営者・人材育成家の辻敬太氏(31)だと判明したのだ。

辻敬太氏(2019年1月31日 本人Instagramより)

 辻氏は経営コンサルティングや投資事業を手掛けるEARTHホールディングス株式会社の代表取締役社長。人材育成家として「じっくり聞いタロウ」(テレビ東京系)などに出演するほか、地元の関西では「辻敬太のハピジャパ」(KBS京都テレビ)でメインコメンテーターを務めている。「人生巻き込んだ者勝ち」(万来舎)などの著書もある。

 記事中で、交通事故により遷延性(せんえんせい)意識障害(いわゆる植物状態)となった当時18歳の青年Aさん(27)の両親は、「(辻氏は)見舞いに来るどころか、10年が経とうとする今も謝罪ひとつありません」と語っている。

 しかしそれに対し、辻氏が自身のYouTube上で反論。「事故を起こしたのは事実です」と認めたうえで、「法的には償いを終えています」「(謝っていないというのは)全くの事実無根」「今も謝罪の気持ちはもちろん、本人にも謝罪の気持ちは忘れていませんし、この10年間忘れたこともない」と主張したのだ。

Aさんに語り掛けるAさんの父親 ©文藝春秋

食い違う双方の主張

「文春オンライン」取材班は双方を徹底取材。すると、Aさんの家族は「謝罪がないどころか、辻氏は喧嘩腰で高圧的な態度で電話をかけてきた」と嘆き、「インスタグラムのDMでは《マジで誰や 名前言え 目の前でどうどうと話しに来い 調べたろか》《なめられてますね僕も》など、息子の現在を気に掛ける様子は一切なかった」などの悲痛な声をあげた。

 一方、辻氏への取材からは「(被害者に対して)そりゃ申し訳ないと思ってます」、「(謝罪に行かなかった理由は)僕の中では僕のタイミングがある」、「(先方から送られていたのは)脅しのようなメッセージだった」など加害者としての言い分が明らかになった。

 交通事故の加害者と被害者、それぞれの立場から見える風景が食い違うのは仕方のないことなのだろうか。そして、以前は裁判が終われば加害者と被害者の接点はほとんどなかったが、SNSによって互いの存在が目に入ってしまうという現代特有のトラブルに対処法はあるのか。

 交通事故訴訟に詳しい高橋正人弁護士に話を聞いた。