昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

千葉正也の絵画展は カメの背後からそっと観賞してください

アート・ジャーナル

2021/03/13

 だれかに観てもらいたい。あらゆる絵画はそう願って描かれる。

 じゃあ、だれに観てもらいたいのか? それは作品によってちがってくる。

 いま東京オペラシティ アートギャラリーには、風変わりな設定の作品群が出現している。

 

 観てもらいたい相手が、ここではまずもって一匹のカメなのだ。

 開催中の「千葉正也個展」である。そこでいったい何が起きているのか?

見知らぬ世界に迷い込むような絵画

 千葉正也は、絵画表現を志す現代日本のアーティストのうちで、最注目のひとり。彼が好んで描くものは少々変わっている。

 紙粘土などを用いてつくった人型のオブジェ。時計、スコップ、観葉植物といった身の回りのもの。この、知らずに見れば「ガラクタ」に見える無数のモノが、描かれるモチーフになる。

 

 それらを千葉はみずから、ひとところに集めて並べる。そうしてできた「仮設の風景」を、画面に描いていくのだ。

 寄せ集められたモノは木、プラスチック、金属、粘土といろんな素材でできていて、さまざまな質感を持っている。その一つひとつを、千葉は鮮やかな絵画テクニックによって、みごとに描き分けていく。

 世の中はなんと多様な質感に満ちていることか! そう気づかせてくれるところが、まずは千葉の絵画を目にするときの愉しさだ。