昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2021/04/03

「それとも、おまえ包茎か」

 海軍の定期検査でのM検を経験したある男性は、彼の包茎を見て大笑いしただけでなく、周囲に聞こえるようにわざと「ホーケー」と声を張り上げた医師の様子を書きとめている(*12)

*12 内田、1957、93頁

 やはり海軍で青年期を過ごした作家の笹岡作治は、海兵団入隊時のM検で、青年が無理やり勃起させられる風景を描いている。

『次!』一歩前進。姓名申告。『声が小さい』そしてやりなおし。ありったけの声をふりしぼる。『何だ、何だ、おまえのはしなびてるじゃないか。日本男子なら、しっかり立てろ。ほれ、ほれ』片手で睾丸を軽くゆすりながら、薄皮をさする。若者は真赤になる。

『まだ、まだ、駄目だ。おチンチンのさきが出てこんぞ。それとも、おまえ包茎か』後続の若者たちのなかには、そっとペニスにふれるものもある(*13)

*13 笹岡、1973→2004、197~198頁

 強制的に勃起させられるのは、亀頭を出すためである。亀頭が出てこないと「おまえ包茎か」となじられる。人権もなにもあったものではない。

©iStock.com

 海軍の定期検査では即席の「包茎手術」がおこなわれることもあった。二人がかりで強引にめくられるのである。海軍では亀頭が出ることを「日の丸があがった」といっていた(*14)。徴兵検査でも、その場で無理に剝かれることがあった(*15)

*14 笹岡、1973→2004、199~200頁
*15 水野、1982、157頁

 本物の包茎手術が軍隊でおこなわれる時は、麻酔が使われない場合があったようだ。若い兵士が、痛みに耐えかねて悲鳴を上げていたという(*16)

*16 笹岡、1973→2004、202頁。さすがにすべての現場、すべての手術で麻酔が使われなかったとは考えにくいが、こういうケースがあったであろうことは想像できる。

凌辱からの解放

 兵士に接することが多かったある医師は、手術前の患者の裸体から立ちのぼる「卑屈的な男らしからざる羞恥心」が、手術後にすっかり解消される現象について書きとめている(*17)。それはそうだろう、という気がする。凌辱から解放される安心感が、患者の雰囲気を変えたのだ。

*17 高山、1942、126頁

 人前で「ホーケー」と叫んだり、「おまえ包茎か」といわれたりすることが凌辱になるのは、タテマエとは違って包茎が「恥づべき病気」であったからにほかならない。年上の男たちはそのことを知ったうえで、若者のペニスをいたぶり、彼らを精神的に支配したのだった。

【続きを読む】「包茎は過去の商品になってしまったな」“常識”を“捏造”して日本を包茎手術大国にした仕掛け人の本音

日本の包茎 ――男の体の200年史 (筑摩選書)

澁谷 知美

筑摩書房

2021年2月17日 発売

この記事の写真(7枚)

+全表示

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー
z