昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2021/04/03

水道橋博士は手術を後悔するコラムを発表した

 もうひとつの出来事は、1990年にラジオ番組の企画でリスナーを集めて公開包茎手術をしたお笑いコンビ・浅草キッドの水道橋博士が、その手術を後悔するコラムを発表したことである。水道橋は、特定のクリニックの宣伝をするわけではないものの、たびたび雑誌記事に登場しては手術をすすめる、いわば包茎手術のキャンペーンボーイだった。1990年代には「理屈としては手術したほうがいいに決まってるんだもん。問題は日本人の誰もが手術をするんだ、と行事化していかないとね。女子大生が卒業旅行に行くみたいにさぁ」、「包茎を治すと楽しいぞー。早漏は治る、仕事でも先陣切って脱げる、小便しながらナニを見て喜べる」と手術を全面肯定し、2000年代に入っても手術は「大成功」だったと喜んでいた(*10)

*10 『スコラ』1993年9月23日、160~161頁、『ホットドッグ・プレス』1994年8月25日、62頁、『EX大衆』2006年9月、152頁。『週刊女性』1990年10月2日、173頁ではコンビそろって手術を受けた報告をしている。

©文藝春秋

 そんな水道橋が手術への疑問を抱くようになったきっかけは、ある官能小説家の文章(*11)を読んだことだった。それはセックスにおける包皮の有用性を述べたもので、膣中で皮がすべることによって女性の快感が増すこと、包茎手術で皮を切り取ると亀頭が固くなり、かえって女性に苦痛を与えることなどが書かれていた。それを読んだ水道橋は、「後悔先に立たず」、「まさに「帰らざる皮」」と自身のコラムに記すことになった(*12)

*11 館、2013
*12 『週刊文春』2013年12月19日、68~69頁。なお、水道橋が包皮切除を否定する議論を目にするのは館の文章がはじめてではない。拙著『平成オトコ塾』の第5章もそうであり、これを読んだと思われる形跡がブログ「博士の悪童日記」2010年4月30日のエントリに残されている。だが、この時点では包皮切除否定論に納得している様子は確認できない。拙著167頁でも、包皮を切除した男性のセックスが女性に苦痛を与えがちであることを指摘したレポートを紹介していたのだが。

「ひとつの時代の終わり」を象徴する出来事はその後も続発する。なんと、『週刊プレイボーイ』が、「背筋も凍る包茎手術の怖い話‼」と題して、包茎手術をめぐる術後の不具合や料金トラブルについて読者に注意喚起する記事を掲載したのである。2016年のことだ。手術を受けた人の約4割に術後の不満や不具合があるという国民生活センターによるデータを示し、「即日手術は絶対にやってはいけない!」と読者にうったえる誌面は、『週プレ』のそれとはにわかに信じがたい。いうまでもなく、この青年誌は1970年代から手術をあおってきた媒体である。

z