文春オンライン
妻がいるのに2股、既婚者ハンター、とにかくモテる魔性のメス…… 水族館職員が暴露する「ペンギンの惚れっぽすぎる日常」

妻がいるのに2股、既婚者ハンター、とにかくモテる魔性のメス…… 水族館職員が暴露する「ペンギンの惚れっぽすぎる日常」

2021/04/04
note

 オス・メスそれぞれの“モテるペンギン”の共通点はあるのだろうか。京都水族館広報の松本さんは「一概に“モテる行動”といえるものがあるかですか。どうでしょう……」と首を傾げた。しかしすみだ水族館、しながわ水族館の2館は「あくまで当館の見解」と前置きしたうえで、こう解説した。

「オスの場合は高身長でよく食べて、体が大きくて、ガチムチ、いい声。羽づくろいが上手で、何かあったら守ってくれるタイプ。メスは落ち着きがあって、よく食べて、ちょっとぽっちゃりした子がモテているようにみえますね」(すみだ水族館・山口さん)

「オスは大柄でどっしりとしたタイプでしょうか。一方でメスの場合は“あなたについていきます!”的な、いつも寄り添ってくれるようなタイプに人気が集まることが多い」(しながわ水族館・渡邉さん)

ADVERTISEMENT

飼育員人気No.1のイケメンがナンパ全敗中

 しかし一方でまったくモテないペンギンもいるようだ。京都水族館広報の松本さんは、「《せん(千本通り)》♂は数年前まで1羽でいることが多く、いわゆる “一匹狼”でした。しかし2020年頃から多数のメスにアプローチするようになり、そして全敗してしまいました」と話す。

ナンパ全敗中のイケメンペンギン《せん》

「飼育員によると、《せん》は“羽をパタパタさせながら、興味のある相手に近づく”という行動をとっていたそうです。これはケープペンギンのアプローチ方法のひとつなので、《せん》の行動が特に悪かったわけではないと思うのですが……。だから全敗の理由はおそらく、《せん》がパートナーのいるメスばかりにアプローチをしているからだと思います」

《せん》がアプローチしたのは、17歳年上の《かまんざ》♂(京都水族館のペンギンの中で最年長)とペアの《さや》♀、初恋の《よしや》♂とよく寄り添いながら仲睦まじい様子を見せてくれる《ぽん》♀、頭部の羽が少し盛り上がっていてかわいらしい彼氏の《たこ》♂の翼を甘噛みする《もと》♀など、すでに相手のいる “既婚者”ばかりだったという。

 松本さんは「《せん》は、目が丸くて大きく、くちばしやあしのかたちもシュッとしていて細身なので、人間の女性スタッフには人気のイケメンなんですけどね……」(同前)となんだか残念そうだ。

整った顔立ちの《せん》。ペンギンも見た目だけではダメなのだ

 人間顔負けの乱倫な関係をつくるペンギンだが、すみだ水族館ではハッピーなニュースもあったようだ。《ラムネ》♀が《ゆず》♂とお見合いしてカップル成立となり、さらに初産卵したのだという。すみだ水族館広報の山口さんによると、飼育スタッフが“仲人”として暗躍したようだ。

関連記事