昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「千を出せ!」我修院達也70歳が明かす『千と千尋』アオガエル“キャラ声”誕生の「秘密兵器」

我修院達也さんインタビュー #1

2021/04/02

source : 文藝春秋 digital

genre : エンタメ, テレビ・ラジオ, 映画, 読書

 ジブリ映画『ハウルの動く城』(2004年)が4月2日に「金曜ロードショー」で放送される。その前作にあたる『千と千尋の神隠し』(2001年)にも出演し、誰もが記憶しているアオガエル役を演じたのは、俳優・我修院達也さん(70)。「人間以外の声をやるのは初めてだった」という“怪優”我修院さんが抜擢された経緯や、『千と千尋の神隠し』にまつわる“秘話”について、じっくり話を聞いた。(全3回の1回目/#2#3に続く)

我修院達也さん ©末永裕樹/文藝春秋

◆ ◆ ◆

「ごめんなさいね、人間の役じゃなくて」

――声優としても活躍されている我修院さんですが、そのデビュー作となったのが〈青蛙〉を演じた『千と千尋の神隠し』ですよね。どういった経緯で出演することになったのでしょうか?

我修院 スタジオジブリからオファーが来たんです。オーディションもなく、最初から〈青蛙〉役には僕が決まってました。ジブリに伺って宮崎駿監督に「はじめまして」とご挨拶をしたら、「ごめんなさいね、人間の役じゃなくて」と仰って(笑)。で、「どういう声質でやったらいいですかね?」と尋ねたら、「あなた、なにかの映画で変わった殺し屋の役をやっていたでしょう? あれのキーをもうちょっと高くしてやってもらいたいんだけど」と。

『千と千尋の神隠し』より。千尋は人間だと最初に気が付いたのは、湯屋で働く青蛙だった

――殺し屋で出た映画というのは、石井克人監督の『鮫肌男と桃尻女』(98)ですよね。

我修院 そうです。山田正一という殺し屋。宮崎監督は『鮫肌男』をたしかテレビで観ていたそうなんですよ。それで山田を演じている僕の声を聞いて、〈青蛙〉を頼もうと思ったんですって。なんだか、すべてがご縁で繋がっていると思っちゃうよね。繋がっているのは、眉毛だけじゃないんだなって(笑)。

 ただ、山田のキーを高くするとなると『鮫肌男』の後に石井監督と組ませてもらった『PARTY7』(00)で演じたイソムラ忠というヤクザの若頭の声になるんです。これも実に変わったキャラクターなんですけどね。で、宮崎監督に「じゃあ、『PARTY7』の若頭でどうですか?」って訊いたら、「その映画は知らない」って即答で返された(笑)。

――〈青蛙〉は声優として初めてのお仕事だったのですか?

我修院 それまでにも洋画の吹き替えとかはやってはいたんですけど、“キャラ声”は初挑戦でしたね。ヒット作の声を当てたという点でも初めての経験になりました。