昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「闇カジノを摘発しても、ケツ持ちの暴力団までは…」警察を悩ませるヤクザの巧妙な“博打ビジネス”

ヤクザとしきたり#10

2021/04/04

genre : ニュース, 社会

 一晩で億単位のカネが動くこともあるとされる「闇カジノ」。定期的に警察の摘発がなされており、今年に入ってからも東京・渋谷の高級住宅街のマンションや名古屋の繁華街で相次いで店長らが逮捕された。多くは暴力団の資金源になっているとみられる。近年では闇カジノに人気スポーツ選手がカネをつぎ込んでいたことが発覚し、大きな社会問題となったこともあった。

 この「闇カジノ」とヤクザには、どのような関係があるのか。

闇カジノでは一晩で1億円のカネが動くこともあるという(※写真はイメージ) ©️iStock.com

一晩で1億円のカネが動く闇カジノ

 闇カジノ事情に詳しい指定暴力団幹部が実態について説明する。

「カジノは夕方から夜にかけて店を開けて、明け方まで客に遊んでもらう。客はだいたい身なりのよい金持ち。一晩に数千万円から1億円のカネが動くこともある。警察の摘発を逃れるために定期的に店舗を移す。そのたびに費用が必要になるが、それでも十分にカネになる」

 暴力団犯罪の捜査を続けてきた警察当局の幹部は、「闇カジノを摘発しても店長止まりとなることが多い」と打ち明ける。

「闇カジノの営業中に踏み込んで、その場で店長や店員、客を逮捕することはよくある。闇カジノの売上げから、ケツ持ち(後見役)のヤクザにカネが渡っているはずだが、逮捕にいたるのは店長止まり。バックにいるヤクザやオーナーにたどり着けるケースはあまりない。本来なら、さらに突き上げ捜査を進めねばならないのだが……」

 警察による摘発が繰り返されても、次々と新規オープンする闇カジノ。前出の指定暴力団幹部は、「客が絶えないのは、勝った時の高揚感が忘れられないのだろう。しかし、負ける時もある。負ければ、取り返したい。それでまたつぎ込む。その繰り返しだ」と解説する。