昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

内田也哉子が西川美和へ語った「父・裕也と三上の姿が重なるんです」

2021/04/22

 内田也哉子さんは、3月18日、脳科学者の中野信子さんとの共著『なんで家族を続けるの?』(文春新書)を上梓。樹木希林と内田裕也の娘として育った「家族の苦しみ」を赤裸々に明かしている。一方、西川美和監督は、5年ぶりとなる新作『すばらしき世界』が公開された。そんな2人をつなぐのは内田氏の夫である俳優・本木雅弘さん。西川監督の『永い言い訳』(2016年公開)で主演を務めた。不思議な縁をもつ2人が「家族と人生」を赤裸々に語り合った。

内田也哉子さん

◆ ◆ ◆

2人をつなぐ本木雅弘

内田 西川さん、ご無沙汰しています。昨夜は本木(雅弘)にメールをいただき、ありがとうございます。

西川 「也哉子さんと対談することになりました」とメールを差し上げると、「也哉子も緊張しているようですが、本番に強そうな2人のことだから、きっと大丈夫でしょ」と返信をいただきました。今日私たちが会うこと、也哉子さんがどういう気持ちでいるかも、ちゃんと家の中で対話されてるんだから、やっぱりいいご夫婦だなと思った次第です。

内田 私にとって西川さんはなんだか夫のお姉さん、あるいは夫の元カノみたいな感覚です。

西川 私のほうが也哉子さんより付き合いが古いってのはおかしいでしょう(笑)。

内田 そもそも本木が9歳も上だからお姉さんはないですね。ただ精神年齢がうんと違うもので。

内田 本木について書かれた西川さんのエッセイを読むと、彼の如何ともしがたい悩み抜く生きづらさ、でも時に大事なことがすっぽり抜け落ちる子供っぽさなどが全部書かれていて、彼のことを完全に理解されていることが分かります。

西川 当時、本木さんは、底なし沼にはまったかのように役作りに悩まれていまして。監督である私がOKを出しているのに、延々、「やっぱりダメだった」と頭を抱えてる。「いいから次行きましょうよ」「でもなあ、でもなあ」とその繰り返し(笑)。

西川美和さん

内田 監督と役者の立場で接するのは、もしかすると夫婦関係よりも濃いコミュニケーションがあるんじゃないかと思ってしまうんです。

西川 私は独身で、夫婦関係を経験していないから、よく分かりませんけど(笑)。

内田 夫のことをすべて知られている気恥ずかしさも含めて、西川さんにはなんとも言えない親密感を感じるんです。もうこれはお姉さんか彼女じゃないかと(笑)。

関連記事