昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2021/04/26

「バラ売りダルバート」や「ダルバートビュッフェ」も

 今も500円ダルバートを提供する店の中では、個人的にはネワーダイニング、ニムト、アーガン、ベトガトのものが特に好みだ。

ネパール系食材店・ポリバルが2021年初頭より提供を始めたテイクアウト用の“バラ売り”ダルバート。(筆者提供)

 一方、テイクアウト専用でライス100円、ダル100円、チキンカレー200円、マトンカレー300円と、ダルバートのアイテムを“バラ売り”する店も現れている。大久保のネパール系食材店・ポリバルだ。マトンカレーはヤギ肉の出汁がよくしみ、パンチの効いた美味しさだった。同店スタッフはこう話す。

「みなさんコロナ禍で大変だろうから、少しでも助けになればと、この値段で提供しています。ネパール人、バングラデシュ人、日本人がよく買っていきますが、日本人が一番多いです」

 他にも、メニューにダルバートはないが注文すると500円ダルバートを提供してくれるカフェバーや、ビュッフェスタイルのダルバートを650円で提供する店も登場し、格安ダルバートカルチャーは新たな進化を遂げつつある(カフェバーの“隠れ500円ダルバート”、ダルバートビュッフェ共に、現在はサービス休止中)。 

 また冷静に考えれば、値上げしたダルバートもおかわり自由で600円程度なのだから、相当に破格値である。大久保駅至近のバジェコ セクワガルの600円ダルバートは、ダルもカレーもアチャールも癖になるうまさで、駅を出て10メートルの場所でこれを味わえる当地のポテンシャルをまざまざと感じさせる。 

ムスタングの600円ダルバート(メニュー名はネパールカナセット)と、17時まで300円の生ビール。店名はこれまで何度か変わり、現在は「ムスタング タカリ」。(筆者提供)

 500円ダルバートの元祖・ムスタングも、現在は一番安いダルバートを600円で提供する。同店のダルバートは、ダルもマトンカレーもシャバシャバのスープカレー状で食べやすいが、うまみと塩気がキリッときまり、ご飯があっという間になくなる。ちなみに、困窮するネパール人に向けた約400円という価格設定は、今なお変わっていないと言う。

 また同店もそうだが、生ビールやハイボールは、依然300円台の店が多い。奇跡は、まだ続いているのだ。

 なかなか自由に旅行ができない現状にあって、500円や600円でプチトリップさせてくれる新大久保は、貴重な場所だ。だがその形は、時流を柔軟に受け入れながら、刻々と、ダイナミックに変わり続けるだろう。

この記事の写真(8枚)

+全表示

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー