昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2021/05/02

source : 文藝春秋 digital

genre : ニュース, 社会

秋篠宮ご一家は完璧すぎる“リンクコーデ” 天皇ご一家との違いは…

 2018年3月、JR長野駅に到着された愛子さまのセーターには、天皇陛下のワインレッドと雅子さまのラベンダーの2色があしらわれていた。ここ数年、ご一家で洋服の色合いをあわせていらっしゃることが多く、ご家族でコミュニケーションをとられているご様子がうかがえる。

2018年3月、愛子さまのセーターには、「ワインレッド」と「ラベンダー」の2色があしらわれている ©JMPA

 2018年の夏のご静養中には報道陣を前に、須崎御用邸に隣接した三井浜を散策された。陛下は水色のストライプシャツを、雅子さまはネイビーのカーディガンにホワイトのモカシンをお召しになり、愛子さまは水色の襟付きワンピースで、素足に白いサンダルを合わせられていた。プライベートに近いようなご様子が公開され、とりわけ雅子さまは終始笑顔だったことが思い出される。

2018年8月、三井浜を散策されるご一家  ©JMPA

 2019年12月、長編アニメ『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』のチャリティー試写会にご一家で出席された際は、お三方が冬らしいワインレッドをお召し物に取り入れられて、季節感を演出されていたことも印象に残っている。

2019年12月、映画『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』のチャリティー試写会に出席されたご一家 ©時事通信

 11月30日に公開された秋篠宮さまの誕生日に際してのご近影を拝見していると、ご一家で完璧な“リンクコーデ”を作り上げられていて、自然体でさりげなくコーディネートを合わせられているように見える天皇ご一家とはやや違った印象を受けた。

2020年、秋篠宮さまお誕生日に際してのご近影 宮内庁提供

 秋篠宮さまのジャケットと紀子さまのお召し物は同系色で、長女・眞子さまと次女・佳子さまはジャケットをブラウン系、トップスやワンピースをワインレッドで統一されている。そして秋篠宮さまと長男・悠仁さまのネクタイは深みのあるパープルだ。ご夫妻とお子様方は笑みを浮かべられて、紀子さまは秋篠宮さまの腕をとられ、眞子さまは悠仁さまの腕に手を添えられている。毎年のご近影から、それぞれのご家庭の雰囲気がそれとなく伝わってくるように思う。

今年も「皇后陛下のお誕生日に際しての医師団見解」が

 雅子さまのご感想とともに、今年も「皇后陛下のお誕生日に際しての医師団見解」が公表され、「新型コロナウイルス感染症のためにご活動が制限され、ご体調が整いにくくなっていらっしゃる」なかで、治療の継続とご体調の波について述べられていた。

10月28日、「明治神宮鎮座百年祭」のため、明治神宮に参拝された雅子さま ©JMPA

 新型コロナの影響でお出ましの機会は減少しているものの、「オンラインという方法により、このように国民の皆様との触れ合いの機会を持てることは有り難く、今後ともそのような機会を大切にしていくことができればと感じております」と述べられた雅子さま。手応えが感じられるご自分らしい方法を取り入れられながら、皇后としての務めを果たされようとなさっているように拝察している。

記事内で紹介できなかった写真が多数ございます。こちらよりぜひご覧ください。

2020年 皇室部門 BEST5

1位:「2年前から年賀状が届かなくなりました」小室圭さんと出逢って変わられた眞子さま《8つの証言》
https://bunshun.jp/articles/-/44926

2位:眞子さまホワイトドレスに込められた“迷いなき強い決意” 小室圭さんとの結婚「生きていくために必要な選択」
https://bunshun.jp/articles/-/44925

3位:《眞子さまと衣装やポーズを考える》佳子さま26歳 姉より“目立つ”ことを選んだわけとは
https://bunshun.jp/articles/-/44924

4位:雅子さま57歳に ピンクベージュブラウスは愛子さまと“リンクコーデ”…ご近影に見る“秋篠宮家との違い”
https://bunshun.jp/articles/-/44923

5位:「一時金」「皇女制度」…眞子さま結婚問題への反発から再浮上する「“愛子天皇”待望論」
https://bunshun.jp/articles/-/44922

この記事の写真(56枚)

+全表示

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文藝春秋をフォロー