昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2021/05/08

source : 文春文庫

genre : エンタメ, 芸能, SDGs

いつか結婚して子どもを生む人生もいいな

──引っ越したばかりとおっしゃいましたが、そろそろご結婚なども視野に入れておられるのですか。

松本 そうですね。まだ現実的には考えられませんが、最近やっと、いつか結婚してもいいかなと思えるようになってきました。

 納得のいく仕事ができていなかった18年間は、自分が仕事できちんと自立できなければ結婚しても男性に依存することになるので、それはイヤだと思っていましたし、たとえ結婚したとしても子どもなんか育てられないだろうと思っていました。

 最近やっと、少しずつですが仕事ができるようになってきました。まだ具体的に思い描いているわけではないのですが、いつか結婚して子どもを生む人生もいいなと、漠然と考えたりもしています。

 演技でも、独身での表現と結婚してからの表現は違うと思うので、それも自分で見てみたい。家族を持つ感覚ってどういうものなんだろうとか、あとは子どもがいるとか。1人でストイックに鍛練していくというのはこれから先も続けていきますが、もう少し自分が納得して仕事ができるようになってきたなと思えるようになったら、そこにふさわしい相手が現れて、自立した関係で一緒に過ごせる……なんてことになったらいいですね。

©文藝春秋/釜谷洋史

──『最高のオバハン 中島ハルコ』(フジテレビ系・毎週土よる11時40分~)の第1話で、松本さんが演じる平凡なOL・菊池いづみがハマっていたような既婚者にキュンとしてしまったらどうしますか。

松本 具体性がまったくないので想像でしか言えませんし、倫理的にどうなのかという部分もありますよね……。

 でも私の場合「キュンとくる」ハードルが高すぎるので、そもそもムリなんじゃないかと……。幸い、引っ越し先はファミリー層が多く住んでいらっしゃるので、しばらくは他人の家族団らんをみて、疑似ファミリー体験を楽しませてもらうことで我慢します。

【続きを読む】「あの18年がなければ、私は痛みを知らない人間でした」 松本まりかが明かす下積みから学んだ生きる“本質”

松本まりか/2000年にNHKのドラマ『六番目の小夜子』でデビュー後、雑誌『ピチレモン』のレギュラーモデルにも抜擢。活躍が期待されるものの、なかなか日の目を見ることがなかった。近年、人気ゲームの声優を務めたことでようやく少しずつ名前が知られるようになり、2018年放映のドラマ『ホリデイラブ』で「あざとかわいい」役でブレイク。「怪演」と評される独特の演技力で認知度を拡大し、現在は、女優・声優のほか、ナレーターとしても活躍を広げる。

INFORMATION

◆ドラマ「最高のオバハン 中島ハルコ
東海テレビ・フジテレビ系にて放送中
毎週土曜日 23:40〜

5/8は、通常より30分遅い24:10スタートです。

公式HP https://tk.tokai-tv.com/nakajimaharuko/
Twitter https://twitter.com/tokaitv_dodra
Instagram https://www.instagram.com/dodra_tokaitv/

 

記事内で紹介できなかった写真が多数ございます。こちらよりぜひご覧ください。

この記事の写真(34枚)

+全表示

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春文庫をフォロー