昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「民放の真似して受信料もらって、NHKは恥ずかしい」森本毅郎(81)から“愛する古巣”への苦言《独占告白》

森本毅郎インタビュー #2

「『高齢の人はお引き取り願う』『硬派から軟派へ』という流れを感じますね。“若者シフト”という名の下に硬質のものは消えていく。それでテレビはいいのかな……。若返るのはいいんですけど、ある意味では『若い人をバカにしてないか?』と思うんです」

 こう語るのは、2021年3月に地上派での放送を終えた「噂の!東京マガジン」(TBS系)で31年半に渡って総合司会を務めてきた森本毅郎(81)だ。日曜お昼に放映されてきた同番組は、地方の行政問題などの現場を取材する「噂の現場」、若者が料理に挑戦する「やって!TRY」といった名物企画を持つ長寿番組だったが、4月からBS-TBSへ移行することになった。

 NHKの人気キャスターを振り出しに、テレビで育ち、現在も現役キャスターを務める森本が語ったのは、テレビ界の“迷走”だった。(全2回目の2回目/#1を読む)

森本毅郎氏(事務所提供)

◆◆◆

「高齢の人はお引き取り願う」という流れ

――ここのところ、ベテラン司会者の番組の終了が続いています。「噂の!東京マガジン」が地上波から消えただけでなく、みのもんたさん(76)、小倉智昭さん(73)らの番組が終わりました。

森本 年配の人が一斉に辞めたのは、たまたま重なったとも思いますし、それぞれ番組の事情もあるでしょう。ただ、印象としては「高齢の人はお引き取り願う」「硬派から軟派へ」という流れを感じますね。例えば「噂の!東京マガジン」が地上波から消えて、そこに新しい情報番組を作ろうとはならないわけです。どんどん“若者シフト”という名の下に硬質のものは消えていく。それでテレビはいいのかな……。若返るのはいいんですけど、ある意味では「若い人をバカにしてないか?」と思うんです。若い人たちの中にも、もっと世の中を知りたい人もたくさんいますよ。ネットに移行していった人たちを振り向かせようとする工夫も見られないんです。

BS-TBS「噂の!東京マガジン」公式Twitterより

――中でも、森本さんは1963年、NHKにアナウンサーとして入局して以来、60年近くにわたってテレビ業界で活躍されています。NHK出身のフリーアナウンサーの先駆け的存在でもあります。1984年にNHKを退職したのには、どんなきっかけがあったのですか。

森本 もういにしえの話ですね(笑)。僕がNHKにいたことすら知らない世代が増えていますから。そもそも、僕はフリーになりたくて辞めたわけではありません。当時のNHKの大改革の中で「ニュースワイド」(現在の「おはよう日本」の時間帯に放映されていた報道番組)が始まり、そのキャスターを誰がやるかで散々揉めたんです。ところが自分の意思とは裏腹に、僕が初代のキャスターを担当することになってしまった。それで4年間担当して、後任に引き継いだら、今度は「報道局に異動して記者としてニューヨークかパリに行け」って言われたんです。