昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

《卒アル入手》AV出演、パパ活、ホスト…“紀州のドン・ファン”殺害容疑の妻が堕ちた“自己承認欲求の沼”

「ジャニーズの亀梨和也くんが好きで、特に目立つ子でもなかった」

genre : ニュース, 社会

 2018年5月24日、“紀州のドン・ファン”と呼ばれた資産家・野崎幸助氏(当時77)が和歌山県田辺市の自宅で死亡した。55歳年下の妻と2人きりで夕食をとった後、2階の寝室で仰向けになって倒れているのが発見されたのだ。野崎氏の体内からは致死量を超える覚せい剤の成分が検出され、和歌山県警は殺人事件を視野に捜査を続けていた。

紀州のドン・ファンの死後、その妻に注目が集まった ©共同通信

 この資産家の謎の死について、連日メディアが報じた。犯人ではないかと疑いの目が向けられたのは妻だ。野崎夫妻は、2017年末に知人の紹介で知り合い、翌18年2月に結婚。事件が起きたのは、そのわずか3カ月後だった。野崎氏は約13億円にのぼる遺産を田辺市に寄付するという遺言を残していたが、妻も遺留分として数億円を相続するのではないかと見られていた。

野崎氏が上梓した自伝「紀州のドン・ファン 美女4000人に30億円を貢いだ男」(講談社)

「状況的に野崎氏に覚せい剤を摂取させることができたのは妻だけでした。しかし妻を逮捕するための決定打がなかなか見つからず、和歌山県警は約3年にわたって捜査を続けてきました。そしてようやく、妻が薬物を入手した状況を突きとめたのです。逮捕は目前だったが、須藤容疑者が近いうちにドバイへの高跳びを目論んでいることが判明し、急遽の逮捕に踏み切ったというわけです」(大手紙社会部記者)

 事態が動いたのは2021年4月28日早朝。東京・品川区内にある高級タワーマンションで野崎氏の元妻、須藤早貴容疑者(25)が逮捕された。夫殺害の罪に問われている美貌の若妻は、これまでどんな人生を歩んできたのだろうか——。

北海道で育った中学時代「バドミントン部に所属していた」

 須藤容疑者が生まれ育ったのは北の大地・北海道だ。取材班が入手した中学時代の卒業アルバムに写る須藤は、素朴な、どこにでもいる少女だった。前髪が少し長めで、集合写真では後ろの方で控えめに写っている。

「小学生の頃の早貴についてはあまり覚えていないのですが、いつもちょっと古いデザインの服を着ていたので、誰かのおさがりなのかなと思った記憶はあります。中学ではバドミントン部に入部していましたが、活発なタイプというよりも、静かで大人しかった。高校は授業料が安いからという理由で公立高校に進学しました」(小中学校時代の同級生)

中学時代の須藤容疑者(同級生提供)

 しかし高校入学後は「メイクをし始めてちょっと派手になった」(同前)という。高校の同級生が、当時の須藤容疑者について振り返る。