昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「3時のヒロイン・福田麻貴が1年前に洩らしていたホンネ」お笑い評論家・ラリー遠田氏が“容姿イジリ”を擁護する理由

シン・お笑い芸人論 #2

 芸人の「容姿ネタ」で笑えるか否か――。4月20日から26日までの7日間、「文春オンライン」上で「お笑い芸人の『容姿ネタ』見たいですか? 見たくないですか?」という緊急アンケートを行ったところ、回答者のうち65.5%が「あまり見たくない」「絶対に見たくない」と容姿ネタに否定的な意見を寄せた。

 このアンケート結果をお笑い業界に詳しい専門家たちはどう見るのか。

「おかしな言い方になるかもしれませんが、こうやって容姿ネタの是非が叫ばれている状況は、芸人にとってはある意味で喜ばしいことでもあるのではないでしょうか。自分たちがフィクションとしてやっていることが、観客の目にはリアルに映っているということですから」

 こう指摘するのは「お笑い世代論 ドリフから霜降り明星まで」(光文社新書)や『教養としての平成お笑い史』(ディスカヴァー携書)やなどの著書があるお笑い評論家・ラリー遠田氏だ。アンケート結果をもとにラリー氏に「容姿ネタ」論争への私見を聞いた。

◆◆◆

炎上より怖いのは観客が笑わないこと

――容姿ネタへの風当たりが強くなっている現状について、お笑い評論家としてどう見ていますか。

ラリー遠田氏(以下、ラリー)  今回のアンケートのように「容姿ネタを見たいですか」と単純に聞かれたら、「見たくない」と答える人が多いのは当然だと思います。それぞれの人が、自分にとって不愉快に感じられた容姿ネタを思い浮かべてしまうはずですから。

――今回は、3時のヒロインの福田麻貴さんが、容姿ネタを“封印”すると宣言したことをきっかけに議論が白熱しました。

3時のヒロイン 左からゆめっち、福田麻貴、かなで Ⓒ吉本興業公式サイトより

ラリー 1年ほど前に福田さんに直接インタビューする機会があったのですが、その頃から容姿ネタについてはいろいろ考えていらっしゃる様子でした。3時のヒロインではかなでさんのぽっちゃり体型をネタにすることもありましたが、福田さんとしては、かなでさんは太っていることを武器にしてお笑いをやっていて、そのことに自信を持っているから、時代に合っていないわけではないと思う、と語っていました。今回、3時のヒロインが“封印”という選択をしたことの背景には、相当な葛藤があったのではないかと思います。

――これまで容姿ネタを武器にしてきた芸人の中でも、悩みを抱えている人は多いのでしょうか。

ラリー 悩んでいるかどうかはわかりませんが、芸人全員が意識はしていると思います。容姿や差別ネタで炎上してしまうケースも増えているし、「容姿ネタは笑えない」という風潮も出てきました。芸人にとって、炎上より怖いのは自分たちのネタで観客が笑わなくなることだと思います。