昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

水谷功の還暦祝いに贈られた胡蝶蘭…「平成の政商」と「安倍晋三事務所」の知られざる“親しい付き合い”とは

『泥のカネ 裏金王・水谷功と権力者の饗宴』より #29

2021/05/17

source : 文春文庫

genre : ニュース, 社会, 政治, 経済, 読書

 一般には知られていない中堅ゼネコンの社長にもかかわらず、永田町では知らぬ者のいない有名人だった男が、2020年12月17日に帰らぬ人となった。その男の名前は水谷功。小沢一郎事務所の腹心に次々と有罪判決が下された「陸山会事件」をはじめ、数々の“政治とカネ”問題の中心にいた平成の政商だ。

 彼はいったいどのようにして、それほどまでの地位を築き上げたのか。ノンフィクション作家、森功氏の著書『泥のカネ 裏金王・水谷功と権力者の饗宴』(文春文庫)より、芸能界でも幅を利かせていた男の知られざる正体に迫る。(全2回の1回目/後編を読む)

◇◇◇

亀井事務所への女性秘書派遣

 水谷功は無類の世話焼きである。他人のためになると思い込み、ときに余計な節介となる。単に人がいいだけのようにも見える。しかし、そうではない。当人でさえ意識していないかもしれないが、その行動の裏で、水谷特有の嗅覚が働く。裏金ビジネスにおける心理戦ならではの策略がめぐらされているように思えてならない。

「おい、亀井事務所には、あけみ(編集部注:鹿谷あけみ、水谷功の腹心が面倒を見ていた歌手)の妹がええやないか。どうや。一度、連れて行ってくれ」

 亀井静香の政策秘書から、「亀井事務所が女性秘書を探している」と聞きつけた水谷は、側近の1人にそう命じた。2003年の春先のことだ。
 

亀井静香氏 ©文藝春秋

 前年の04年11月に済州島でデビューコンサートにこぎつけた鹿谷あけみの一家は、水谷からショーに招かれた。以来、すっかり水谷功を信奉し、一族みなが頼りにしてきた。このときあけみの妹も、ショーに招待され、水谷と会っている。

「お前、どこに勤めとるんや」

「丸井です」

 そんな会話を交わしたという。このころあけみの妹は、茨城県水戸市内の丸井にあった「ピンキー&ダイアン」というブティックに勤めていた。まだ20歳前後だ。水谷は亀井の秘書から話を聞いたとき、妹の顔を思い出し、声をかけた。

 あけみの妹にとっては、世話になっている水谷の頼みである。二つ返事で上京し、亀井事務所で面接を受けた。そうしてすぐに採用が決まった。

水谷建設と亀井代議士の縁

 亀井と水谷は、つくづく縁が深い。水谷建設の脱税事件が起きた06年当時、東京電力とともに水谷本人と亀井静香との関係が俎上にのぼったこともある。

 そもそも水谷建設がサブコンとして業績を伸ばしてきたのは、電力関係の工事によるところが大だ。前田建設工業から北陸のダムや発電所の工事を請け負い、福井の敦賀原発工事に参加するようになる。そうして、飛躍的に会社を大きくしてきた。そこに亀井事務所の影もちらつく。

「敦賀原発の3、4号機の工事の前には、『福井亀井会』という後援会ができた。なぜ北陸に亀井後援会ができたのか、水谷会長などのバックアップがあったのだと評判でした。そこから水谷建設と亀井代議士の縁ができた。そんな人脈づくりが功を奏し、東京電力がつくった福島の第二原発へと事業を広げていくのだと思います」

 北陸地方の建設業者がそう話していた。