昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

《米ロースクール卒業》小室圭さん 母親の「遺族年金“受給継続計画”」に詐欺罪の可能性は? 宮内庁関係者も重大関心

2021/05/24

genre : ニュース, 社会

「実は西村(泰彦宮内庁)長官は、4月21日に文春オンラインにアップされた週刊文春(4月29日号)の記事に驚かれたようだと噂されています。記事は秋篠宮家の長女・眞子さまとのご結婚が延期になっている小室圭さんの母・佳代さんが元婚約者に、事実婚をして生計を共にしても、その事実を周囲には隠して自殺した前夫の遺族年金を受給し続け、元婚約者が年金受給資格を得た時点で入籍しようと計画していたという内容です。

20歳頃の小室圭さんと眞子さま。お二人は学生時代に知り合った

不正受給で詐欺罪が成立する可能性も?

 遺族年金は再婚だけでなく事実婚や内縁関係になった場合でも受給資格を失うため、詐欺罪が成立する可能性があるのです。週刊現代でも以前、報じられてはいたものの、文春の記事は佳代さんが元婚約者に送ったとされるメールの画像を使って遺族年金詐欺疑惑に焦点を当てており、宮内庁関係者らも重大な関心を示しています。西村長官も本当に驚かれたことでしょう」

 ある皇室担当記者はこう語る。

 西村氏は警視総監にまで上り詰めたエリート警察官僚出身者で、警察内部でもテロ対策など主に警備実施部門のエキスパートとして知られたが、長崎県警と兵庫県警で詐欺事件などを取り締まる捜査2課長を歴任。警察庁刑事局でも捜査2課の課長補佐や旧国際刑事課の理事官なども務めており、刑事部門にも精通する。皇族の義母になろうとしている人物の“詐欺疑惑”に西村氏が驚愕しても不思議ではない。

皇宮警察の年頭視閲式であいさつする西村宮内庁長官 ©時事通信社

5月23日、小室さんは留学先のロースクールを卒業

「ネットに記事が出た日の翌22日、西村長官は小室さんの代理人が元婚約者に解決金を支払う意向を示したことについて、定例記者会見で『(小室さん側からの連絡が)事前にありませんでした。事後も話を聞いていない』と突っぱねる発言をされています。

 小室さんが発表した佳代さんの金銭トラブルについての説明文書を『非常に丁寧に説明されている印象』と持ち上げていただけに、小室さん側から事前の根回しがなかったことに対する不信感から出た発言だったとの見方もありますが、詐欺疑惑という警察OBとして看過できない問題を前に、小室家側への対処方針を転換しようとしているとの見方もあるのです」(同前)

ニューヨークに渡った直後の小室圭さん ©共同通信社

 小室さんは5月23日、米フォーダム大学のロースクールを無事に卒業した。7月にはいよいよニューヨーク州の司法試験に臨むことになる。

 宮内庁関係者が証言する。