昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載池上さんに聞いてみた。

どうして政治家の記者会見で「再質問」がでないの? 池上さんに聞いてみた。

池上さんに聞いてみた。

2021/06/02

Q 記者の人たちは一度聞いて分からなかったときにどうしているの?

 新型コロナウイルスの感染拡大で、政治家の人が記者会見の質疑応答をしている様子を見る機会が増えたのですが、質問と答えがかみ合っているのか、よく分からないことがあります。「ちょっとこの部分がよく分からなかったのですが……」と聞く人がいてもいいように思うのですが、質問のテーマがすぐ次に移ってしまって、あまりそうした再質問は見たことがありません。記者の人たちは一度聞いて分からなかったときにどうしているのでしょうか?(20代・男性・学生)

新型コロナウイルス感染拡大で会見に注目が集まる機会も増えた ©️JMPA

A 再質問をすれば良いのです。ところが…

 再質問をすればいいですよね。全くその通りです。記者たちが連携し、前の記者の質問に答えていなければ、「いまの答えがよく理解できなかったのですが」と追加質問をすればいいのです。

©️JMPA

 こういう再質問というやりとりは、各省庁での記者会見ではあります。ところが、官房長官会見や首相会見では、時間が限られ、質問できる記者の数も限られているため、各社の記者は、自分があらかじめ質問しようと用意していた質問を投げかけます。結果、アドリブの質問にはならず、前の記者の質問とは連携しない質問になりがちです。

 臨機応変に質問の内容を変える。そんな“質問力”が問われます。

「○○さんに聞いてみた。」のコーナーでは、みなさまからの質問を募集しています!

質問投稿フォーム

この記事の写真(2枚)

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー