昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2021/06/10

世代交代の波が押し寄せている韓国

 別の中道系記者は言う。

「李氏の台頭を促したのは他でもない与党(共に民主党)です。自省もなく、すべてにおいてネロナムブル(『自分の婚外恋愛はロマンでも他人のそれは不倫』とするような、自己正当化の姿勢を意味する)。自分たちの何が問題なのかも把握できず、似非進歩として自分たちのための政治を続けている。

 4月のソウル・釜山補欠選挙惨敗後、若手議員が国民に向けて曺国事態などを謝罪した際には『制裁』とばかりに彼らの携帯に膨大なメッセージを送って口を塞ぎました。やりたい放題です。李氏が『国民の力』で党代表になれば、確実に世代交代の波が押し寄せる。与党とてその波に抗えない」

文在寅大統領 ©共同通信社

 最近の世論調査(6月4日、世論調査会社韓国ギャラップ)では、次期大統領選挙では「現政権交代のために野党候補が当選するといい」が50%にのぼり、政権交代論が頭をもたげている。

 また、この世論調査で初めて李氏が大統領候補者のひとりとして4位に浮上した。韓国の大統領選挙では40歳以下は被選挙権がないので李氏の出馬は不可能だが、こうした勢いに39歳の最年少で大統領になった仏マクロン大統領を引き合いに出し、40歳以下も被選挙者になれるよう法改正すべきだという声まであがる。

 李氏の対日観は分からないが、MZ世代(1980年代初めから2000年代初めに生まれたミレニアル世代とZ世代を合わせたもの)は日本に屈託のない世代ともいわれる。

 もし、李氏が党代表となれば来年の大統領選は今までとまったく異なるレース展開を見せるかもしれない。

「国民の力」の党代表選挙の本選は6月11日に行われる。

この記事の写真(4枚)

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー