昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

文大統領の新ライバルは「ハーバード卒の36歳」? 若き“ヒーロー”誕生に韓国の政治家が焦る理由

2021/06/10

「36歳、国会議員経験なし」の党代表が誕生するか。

 第一野党「国民の力」の党代表選挙が異例の関心を集めている。

 5月28日に行われた予備選挙で、「36歳、国会議員0選」の李俊錫前同党最高委員(党代表とともに党の意思決定に参加する指導部メンバー。以下、李氏)が圧勝すると、「大統領選挙にも大きな影響がでる」「世代交代の波が押し寄せる」と野党のみならず与党も戦々恐々となっている。

予備選挙で圧勝の「36歳、国会議員0選」の李俊錫前同党最高委員 ©時事通信社

「李俊錫が2位ならいい。1位は困る」

「国民の力」の古参議員は図らずもこう漏らしたという。

 長らく朴槿恵前大統領の弾劾を巡り内部分裂を続けていた保守野党「国民の力」だったが、昨年4月の総選挙惨敗後、キングメーカーの金鍾仁氏を三顧の礼で党の非常対策委員会委員長に迎えて弾劾についての内部検証や過去の光州事件での謝罪などを行い、刷新を図ってきた。

20~30代の男性から圧倒的な支持

 その後は、文在寅政権の度重なる失態にこの4月のソウル・釜山市長補欠選挙では両市共に野党候補が勝利し、党の支持率も与野党逆転している(与党「共に民主党」29.7%VS「国民の力」38%。6月7日、世論調査会社「リアルメーター」)。

 李氏は、当選した呉世勲現ソウル市長の選挙キャンプでニューメディア本部長を務め、選挙を勝利に導いた立役者のひとりとして急速に注目が集っていた。20~30代、特に男性から圧倒的な支持がある。

 党代表選挙に出馬することが伝えられた5月初め頃は有力候補とは目されていなかった。ところが、予備選で、2位の羅卿ウォン候補を12ポイント引き離して1位となると、安穏と構えていた野党内部は大混乱。与党も、30代の李氏が党代表となれば世代交代の気運が盛り上がり、大統領選にも影響が出るとその行方を固唾を呑んで注視している。