昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2021/06/13

 K-POPに詳しい芸能専門YouTuber、ユ・ジェヒョク氏は次のように語る。

「固有の世界観を持ち、曲ごとにストーリーを作り出す戦略は、第3世代ではボーイズグループが使っていた戦略。この世界観はファンダムを形成する重要な要素だが、幅広く大衆にアピールするのが難しい。そのため第3世代のガールズグループは明確な世界観を持たなかった。

 だが、独特な世界観を打ち出したBTSの大成功で、ガールズグループでもそれを持つようになった。これまで以上に、さまざまなコンテンツやグッズを生み出し、ドラマや映画まで制作できるユニークな世界観が、第4世代アイドルの最大の特徴だろう」

若者の『反日』感情を克服した「TREASURE」

 日本でもファンを獲得している「第4世代」が、BLACKPINK以来4年ぶりにYGエンターテインメントからデビューした「TREASURE(トレジャー)」だ。2020年8月のデビューと同時に、日本を始め世界各地で情熱的なファンダムを形成している。

TREASURE(公式Twitterより)

「YG宝石箱」というオーディション番組を通じて選抜された12人のボーイズグループで、韓国人の他に4人の日本人メンバーが入っている。

「トレジャーはオーディションの過程やプレデビュープロモーションを用いて、メンバーそれぞれの成長ストーリーをアピールすることで、根強いファンを確保し、若者の『反日』感情を克服した。第4世代アイドルはデビューと同時に海外進出を目指すのがトレンド。このため、K-POP最大の輸出相手国である日本出身のメンバーが海外進出のための必須要素になっている」(韓国の芸能関係者)。

海外から韓国に戻る定番手法で人気を得た「ATEEZ」

「第4世代」が海外での活動に力を入れるのには、韓国ではいまだ「第3世代」アイドルに人気が集中しているという事情もある。国内での競争を避けて、海外で先に人気を集めてから韓国に戻ってくるという手法が「第4世代」の定番となっている。

 2018年10月にデビューした8人組のボーイズグループ「ATEEZ(エイティーズ)」も、韓国より海外で先に人気が出たケースだ。

ATEEZ(公式Twitterより)

 パワフルなダンスにリアルな演技など、強烈なパフォーマンスが自慢のグループで、「グローバルパフォーマンスドール」と呼ばれている。ATEEZはデビューして間もない2019年3月から、アメリカ5都市、ヨーロッパ10都市など世界中を舞台に巡回公演を行い、2020年にはアメリカで「最も多くツイートされたミュージシャン」の5位を占めるなど、巨大なグローバルファンダムが形成されつつある。

z