昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

NiziUも避けて通れない「K-POP流ダイエット」の過酷な中身〈KARAはカニカマで吐血、BTSは鶏ムネ肉で…〉

2020/12/06

 韓流アイドル全盛の韓国では、「アイドルルックス」という最高の誉め言葉がある。小顔にオルチャンメイクをして、痩せた体型をしているK-POPアイドルの外見が、若者だけではなく、韓国国民の憧れの的になっているからだ。

 12月2日に正式デビューした「NiziU」についても、韓国ファンの間で、この「アイドルルックス」が話題となっている。

NiziU公式Twitterより

〈やっとメイクやスタイルが落ち着いた〉

〈女神のようだね! やっぱりカメラマッサージ(カメラにたくさん露出されること)を受けたら美貌がほころぶ〉

〈実力も外貌も最高だ!〉

 実は、Niziオーディションの当時、韓国のネット上では、〈実力はあるが、韓国人アイドルよりルックスが劣る〉という厳しい反応もあった。

 それが最近は、メイクやスタイリングの変化などで〈アイドル・オーラを漂わせるようになった〉という評判が、インターネット上でたびたび取り上げられている。

NiziU公式Instagramより

「170センチ台前半でも40キロ台を維持」

 K‐POPアイドルの外見について、韓国のある芸能事務所代表は次のように話す。

「アイドル選抜基準で外見は最も重要です。ダンスや歌の実力は努力すれば良くなりますが、外見は生まれつきですから。K-POP市場がアジアだけでなく欧米にまで拡大されたことで、最近は欧米人が持っている美の基準も意識するようになった。

 たとえば、モデルのような高い身長、すらりとした脚線美、小顔などです。このような条件で選抜された練習生たちは、デビューが決まると、所属事務所によって“ビジュアル・ディレクティング”と呼ばれる外見の欠点を補う作業に入ります。ダイエット、スキンケア、歯の矯正、整形など、多様な手段が利用されます」

 この“ビジュアル・ディレクティング”の中でも特に欠かせないのが、ダイエットだ。