昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「紅白出場」NiziUに韓国K-POPファンが抱く“2つの複雑な感情”〈韓国人評論家が寄稿〉

 12月2日の正式デビューに続き、大晦日にはNHK紅白歌合戦に出場するNiziU。韓国でもファン層を広げているが、声援とともに“複雑な視線”が送られているという。その理由について、日本人アーティストへのインタビューも手掛ける韓国唯一のJ-POP評論家、ファン・ソノプ氏が寄稿した。

ファンを広げるNiziUに、韓国のK-POPファンが抱く“複雑な感情”とは?(NiziU公式Twitterより)

◆◆◆

韓国からの「複雑な視線」

 NiziUに対する日本国内の反応が熱い。ここ最近の日本のK-POPブームは私も体感していたが、NiziUがこれほど速いスピードで日本市場を席巻するとは予測できなかった。

 オーディション番組「Nizi Project」での熱気を追い風にリリースされたプレデビュー曲「Make you happy」は、日本でのストリーミング再生回数が女性アーティスト史上最速で1億回を突破。さらに、正式デビュー前に紅白歌合戦への出場を決めた。

 12月2日に正式デビューした今、NiziUの韓国での認知度はまだ低いものの、応援する人が増えてきた。

NiziUの正式デビュー曲となった「Step and a step」

 ただ、韓国のK-POPファンがNiziUを見る視線は複雑だ。

 オーディションの序盤から「韓国が持つK-POPアイドル育成のノウハウやシステムを、何の代価もなしに日本に流している」という批判があったし、プレデビューの際には「日本人主体だからK-POPと言えない」という意見も強かった。「K-POP」と「J-POP」の間に線を引こうとする動きが強く存在していたのだ。「韓国のアイドルに比べて実力が足りない」「韓国での活動は不可能だろう」という反応もあった。

 しかし、NiziUにみられる「現地化戦略」は、K-POPの最終形態とされる。東方神起や少女時代を生み出した韓国の大手芸能事務所、SMエンタテインメントが推進している各国メンバーを集めたプロジェクト「NCT」も同じ文脈の上で進められていることを考えても、NiziUという存在はいつか現れる宿命にあった「K-POPの進化形」なのだ。