昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2021/06/13

第4世代の口火を切った「ITZY」

 そして、「第4世代」という表現が韓国メディアに登場し始めたのは、2018年ごろからだ。

 その定義は、2000年代生まれのメンバーで構成され、主に10代後半~20代半ばの若いファンダムを持っているグループ。先輩たちの成功戦略を参考にしながら、より主体的で、より強いメッセージ(世界観、コンセプト)を打ち出し、多様なメディア戦略で、K-POPの水準を一段引き上げたとされる。

 その「第4世代」の口火を切ったのが、いまや“ガールズグループの名家”といわれているJYP所属で、2019年2月にデビューした「ITZY(イッジ)」。「第4世代アイドル」と称された最初のグループだ。「ティーン・クラッシュ」をコンセプトに、「人と違う私」を訴え、10代少女たちの新しいロールモデルグループとして浮上している。

ITZY ©getty

 大衆文化評論家のキム・ホンシク氏が解説する。

「ITZYは、JYPガールズグループのトレードマークであるキュートなセクシーコードに、最近人気となっている、女性も惚れてしまう強い女性像を指す“ガールクラッシュ”が結合し、実験的なスタイルになっている。音楽もTWICEやNiziUが披露する軽快で健康美あふれるダンス曲ではなく、R&Bやソウルをベースにして、差別化を図った。外見やパフォーマンスも、JYPらしからぬ全く新しい試みが見られて、“北米や欧州を狙いたい”というJYP側の意図が読み取れる」

アバターを加えた“8人のメンバー”で構成される「aespa」

「第4世代」では、2020年11月にデビューしたSMエンターテインメント所属のガールズグループ「aespa(エスパ)」も、独特な世界観で注目を集めている。

「自分のもう一人の自我であるアバターに出会い、新しい世界を経験する」(同社HPより)という世界観をベースに、4人の実在するメンバーにはそれぞれのアバターがいて、アバターを加えた“8人のメンバー”が新しい世界を描いていくという。

aespa(公式YouTubeチャンネルより)

 デビュー曲の「Black Mamba」では“Black Mamba”という存在によって、メンバーとアバターとの結合が切られてしまい、2曲目の「Next Level」では、この問題を解決するために荒野へ旅立つ様子を描いている。

z