昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2021/07/22

――書いていて、恥ずかしい気持ちはなかったですか? この部分は見せたくないな、隠しておきたいな、という。

光浦 あんまりなかったかな。もしかしたら私は何も隠すことはないのかな。

前世は冤罪で処刑されたんじゃないか

――それは50歳を迎えてそうなった感じですか? それとももともと?

光浦 もともと、隠してるとなんかわからないけど気持ち悪くて、負い目を感じちゃうんですよね。嘘の感情でしゃべってるのが。それが大人なんですけどね。それが大人だし、円滑に物事を進めるためには必要なことなのに、その一歩ができなくて。

 だからこの世界でよかったな、みたいなところはあるんですよ。普通の会社だったらとっくにつまはじきになってると思う。だからバイトいっぱいクビになったんだろうな、今思えば。

 

――嘘をつけなかったから。

光浦 どっちかというと目先の気持ちよさを取っちゃうタイプなんです。私にとって目先の気持ちよさは、嘘つかないことでした。

――本の中にも「嘘嫌い」のエピソードはたくさん出てきます。

光浦 嘘が本当に駄目なんだよな。それってたぶん前世の影響じゃないかなと思って。

――前世ですか?

光浦 前世の私は冤罪で処刑されたんじゃないのかな。こんなに嘘が嫌いなのはおかしいなと自分でも思って。

――「嘘が嫌い」というとちょっとかっこいい感じもしますが。

光浦 いや、わがままっちゃわがままなので。このわがままをどこまで通せるかというのはね。上手に知恵をつけながら。

 

――視聴者から見たら、芸能界って嘘ばかりなんじゃないか、嘘というか、虚構というか、まさにリアルコントみたいなイメージがあると思います。でも、光浦さんはいわゆる一般企業よりも、自分の性格は芸能界でより生かされたと思った。

光浦 芸能界は嘘だもんね。コントとかお芝居だもんね。「さあ、嘘をやるよ」っていうのを真剣にやるっていう。嘘の設定を嘘つかずにやるっていう感じの、なんかちょっと変な感じだもんね。

――「嘘をつく」ことに関しては嘘ついてない。

光浦 みんなで「さあ、嘘のことをやるよ」といって、「はい」って、そこから本気でやるじゃないですか。「この芝居はよくないと思う」なんて、しょせん嘘の芝居なのに。芸能界は、なんか変な世界なんですよ。

【続きを読む】頭でっかち、言い訳ばかり…光浦靖子(50)が「言葉が通じんところに行ってこい」と自分に命じるワケ

撮影=鈴木七絵/文藝春秋

50歳になりまして

光浦 靖子

文藝春秋

2021年5月29日 発売

私が作って私がときめく自家発電ブローチ集

光浦 靖子

文藝春秋

2021年5月29日 発売

 

この記事の写真(8枚)

+全表示

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー