昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

《直木賞候補作インタビュー》「天才的な人物を家族に持った人にかねて関心があった」澤田瞳子がたどり着いた“絵師を描くことの向こう側”

『星落ちて、なお』

 澤田瞳子さんの最新作『星落ちて、なお』は、狩野派の流れを汲みつつも自在な画風で幅広い作品を描いて画鬼と呼ばれた絵師・河鍋暁斎(かわなべきょうさい)の娘であり、自らも絵を描いた河鍋暁翠(きょうすい)の数奇な人生を浮かび上がらせる。

「もともと河鍋暁斎が大好きで、日本の絵師の中でいちばんうまい画家だと思っているんですけれど、絵師そのものについては『若冲』で描ききったと考えているんです。それで担当編集の方とお話しして、『若冲』を書いたからこそ書けるものがあるのではないかと盛り上がりました」

澤田瞳子さん

 物語は、明治22年の河鍋暁斎の死から始まる。父であり師であった暁斎を失った娘のとよ(暁翠)は、悲しみに浸る暇もなく、河鍋家の行く末を背負うことになる。腹違いの兄・周三郎も絵師であったが、ことあるごとにとよに難癖をつけ、河鍋家を継ぐ気もない。放蕩気味の弟・記六は頼りにならず、妹のきくは病弱であった。

 幼い頃から暁斎に絵の手ほどきを受けたとよは、父の死後も、絵の道を進んでいくのだが――。

「天才的な人物を家族に持った人にはかねて関心がありました。その上で絵や家族に振り回される人物を書いて、絵師を描くことの向こう側へ行きたいと思いました。絵に限らず、親子だから、家業だから、ということで逃れられないことは誰にも大なり小なりあって、とよの生きた人生は一面、我々全員が共有できる人生でもあります」