昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

『平成2年』は平成グッズの中でもレア

 また、山下氏は“平成元年グッズ”にも注目している。

「昭和天皇の崩御にともない平成が始まったので、令和と違って、当時の改元はあまりお祭りムードではありませんでした。ただ、少し喪に服した後、やっぱり平成元年を記念したグッズがいろいろ出たんですよね。『平成元年』と書かれたキーホルダーだけで、うちに3、40種類あります(笑)。

 2、3年過ぎたら平成元年グッズなんて、わざわざ保存していませんよね。そういう意味では、平成元年グッズの希少度はさらに高くなっていきそうです。その中でも、特に注目したいのが『平成2年』グッズです。僕もこの1種類しか見つけていないんですが、ある1社だけが間違えて作ってしまったんですかね(笑)。自宅で発見したところで、『平成2年って何だよ』と思ってすぐ捨ててしまいそうですが、平成元年ブームという経緯を踏まえると、レアさがわかるグッズです」

「平成元年グッズ」の数々(画像提供:山下メロ氏)
山下氏が注目する「平成2年グッズ」(画像提供:山下メロ氏)

「オアシス小僧」のオシャレなエビアンホルダー

 山下氏は、こんなアイテムの画像も提供してくれた。エビアンのペットボトルを包む不思議な革製品。なんだか見覚えがあるような気もするが……。

本革のエビアンホルダー(画像提供:山下メロ氏)

「これは、エビアンのペットボトルを外で持ち歩くための『エビアンホルダー』です。オシャレな若者の間で、90年代に流行しました」

 たしかに、そんなのあった!

「国内ではしばらく1リットル以上のペットボトルしか使用しておらず、500ミリリットル以下のペットボトルが解禁されたのは1996年になってからでした。それまでは、小容量のペットボトルは輸入品でした。そんな『外で水を飲む』ことがまだ珍しい時代では、フランス産のエビアンを専用の本革ベルトで持ち歩くのは、最先端の行為だったんです。ミネラルウォーターを外で飲む若者が、わざわざ『オアシス小僧』という名前でメディアから呼ばれていたなんて、現代からすると信じられませんよね。

 エビアンホルダーは、『ヤフオク!』などにも全然出回りません。たぶん、知らない人が見たら、ただの革のひもなので、何だかよくわからないまま処分してしまうんだと思います。エビアンホルダーは、ペットボトルの解禁という時代背景を含めて、時代を表す貴重なアイテムです。自宅で変な革製品を見つけたら、エビアンホルダーではないか確認してみてください」

 もしかすると、将来的には、平成レトロ博物館のような施設も生まれるのだろうか。そのように想像してみると、押入れの奥にあるガラクタがお宝に見えてきてしまう。意外なアイテムの需要が高かったりするので、大掃除のときはお気をつけて。

INFORMATION

※取材協力
まんだらけ中野店2階ミクロ館
まんだらけ中野店2階カード館

Tel:03-3228-0007
12:00~20:00 / 年中無休
JR中野駅【北口】から徒歩5分
〒164-0001 東京都中野区中野5-52-15

この記事の写真(10枚)

+全表示

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー