昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

なぜこれをガチャガチャに?「謎ガチャ」ベスト50 血の歯、おならプー、指チョコ、LOVE体温計…

日本一のコレクターが選んだ昭和レトロ

2020/11/02

 コインを握りしめて心ときめかせたガチャガチャの世界。しかし、いま見ると「なんでこんなものをカプセルの中に入れたのか?」と悩んでしまう商品も少なくない。

 7歳から集め続けた10万点のガチャガチャ・コレクションを持つ『昭和レトロガチャ 最強コレクション』(グラフィック社)の著者で、仙台を拠点に活動するタレントのワッキー貝山氏(50)に“謎ガチャ”ベスト50を選んでもらった。

ワッキー貝山氏が所有する“謎ガチャ”の数々

◆ ◆ ◆

50位「血の塗られた歯」

50位「血の塗られた歯」

「当時はカプセルに入る大きさで、目玉や歯などの人体パーツもありました。血塗られた歯は白い部分を残してもよかったと思うが、予算の関係で困難だったのか」(ワッキー貝山氏、以下同)70年代、20円、今野産業製。

49位「こけし消し」

49位「こけし消し」

「半分が透明になっているカプセルから見えたときに、まさか消しゴムで“こけし”を作るのかと驚きました。表情も微妙な感じが尚更いい」70年代後半から80年頃、20円、コスモス製。

48位「観音様」

48位「観音様」

「20円の神々しい観音様(2cm)がカプセルに閉じ込められている。『ひょっとこ』のお面、『見ざる聞かざる言わざる』の猿など、当時はあらゆるモノが作られていました」70年代、20円、キディ製。

47位「ミニテニスラケット(カバー付)」

47位「ミニテニスラケット(カバー付)」

「当時、カプセルに入らない商品は代わりに当たりの印の紙が入っていて、駄菓子屋の店頭で交換して受け取っていました。このテニスラケットも手渡しされた。それでも大きさは約15cm。第2次テニスブームに乗じて作られ、丁寧にカバーまでついていた」79年、20円、コスモス製。

46位「刀の鍔」

46位「刀の鍔」

「これも20円のガチャで当たりが出ると店頭で手渡しされたタイプ。実寸の金属製で、彫の部分にはこだわりも感じる。金や銀の鍔もある。子どもたちがどう遊んだのかは不明だが、昨今の『鬼滅の刃』人気で需要が高まるかも……」80年代、20円、コスモス製。