昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

長野ダクダク肉汁、群馬“爆弾”型、大阪コロッケ状態、福岡10秒提供…衝撃の「ローカル・ハンバーグチェーン店」ベスト15を決定

「ローカル・ハンバーグチェーン店」ベスト15 前編

2021/05/03

genre : ライフ, グルメ,

 地方で“独自の進化”を遂げた「ローカル飲食チェーン」。なかでも、ハンバーグは全国チェーンにライバルも多い激戦ジャンルだ。日本全国の飲食チェーン店を巡る旅を続けるライターのBUBBLE-B氏に、旅をしたら立ち寄るべき全国に点在する「ローカル・ハンバーグチェーン店」ベスト15を挙げてもらった。

 まずは15位から順に、店舗と料理の写真付きで紹介する。(全2回の1回目/#2を読む)

地方で“独自の進化”を遂げた「ローカル・ハンバーグチェーン」を店舗と料理の写真付きで紹介していく ©BUBBLE-B

◆◆◆

15位 トマト&オニオン(京都) 

15位「トマト&オニオン」の創業店(京都府舞鶴市) ©BUBBLE-B

 ローカルなハンバーグチェーン店特集ということで、どこまでをローカルチェーンとするかは難しいところだが、まずは京都の舞鶴で1973年に創業した「トマト&オニオン」。現在はすかいらーくグループに属しているが、北陸と近畿には古くからの直営店が多く現存し、ローカル色を今なお残すハンバーグレストランだ。

15位「トマト&オニオン」の「チーズたっぷりイタリアンハンバーグ」 989円(筆者訪問時の税込価格。以下同) ©BUBBLE-B

 そんなトマト&オニオン伝統のハンバーグといえば「チーズたっぷりイタリアンハンバーグ」。ハンバーグの上に輪切りのトマトが載せられ、それを覆うようにかけられたチーズフォンデュとトマトソース。トマトの酸味とチーズのマイルドさがたまらないメニューだ。

15位「トマト&オニオン」。トマトとオニオンに挟まれたハンバーグ ©BUBBLE-B

 チーズと共に食べるハンバーグはフワッと柔らかく、トマトとのコンビネーションも抜群。下に敷かれたオニオンと共に、店名になったトマト&オニオンが味わえる。また、牛肉100%の「弾丸ハンバーグ」も人気メニューだ。肉肉しさをストイックに求めたい時は弾丸ハンバーグがおすすめだ。

15位「トマト&オニオン」。トマト&オニオンのカレーライスは食べ放題 ©BUBBLE-B

 トマト&オニオンのもう一つの名物といえばカレーライス。少しビターな味わいの黒いルーが特徴で、これが食べ放題になっているのが嬉しい。