昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

和歌山レア焼き、神奈川オトナの苦味、静岡「さわやか」は何位? 衝撃の「ローカル・ハンバーグチェーン店」ベスト15発表

「ローカル・ハンバーグチェーン店」ベスト15 後編

2021/05/03

genre : ライフ, グルメ,

 地方で“独自の進化”を遂げた「ローカル飲食チェーン」。中でも全国チェーンにライバルも多い“ハンバーグ”は激戦ジャンルだ。日本全国の飲食チェーン店を巡る旅を続けるライターのBUBBLE-B氏に、旅をしたら立ち寄るべき全国に点在する「ローカル・ハンバーグチェーン店」ベスト15を挙げてもらった。

 前編に続いて、いよいよ「ベスト8」を店舗と料理の写真付きで紹介する。(全2回の2回目/#1から読む)

地方で“独自の進化”を遂げた「ローカル・ハンバーグチェーン」を店舗と料理の写真付きで紹介していく ©BUBBLE-B

◆◆◆

8位 ボストン(大阪)

8位「ボストン」昭和町本店 (大阪市阿倍野区) ©BUBBLE-B

 あべのハルカスが見下ろす大阪の阿倍野で生まれた絶品ハンバーグのお店「ボストン」。戦後すぐの1952年に音楽喫茶として創業し、洋食店の時代を経て現在のハンバーグ専門店になった老舗で、現在も大阪でチェーン展開するハンバーグレストランだ。

8位「ボストン」の「デミグラスハンバーグ」200g 、1,150円(筆者訪問時の税込価格。以下同) ©BUBBLE-B

 オーダーしたのは「デミグラスハンバーグ」。ふっくらと焼けたハンバーグと、バチバチと音を立てながら弾け飛ぶ油が気分を高揚させてくれる。ガロニ(付け合わせ)には皮付きのじゃがいもが丸ごと付いてくるのがワイルドだ。

8位「ボストン」。大阪っ子に愛される、肉汁したたるハンバーグ ©BUBBLE-B

 ハンバーグは箸で食べるスタイルで、柔らかく、サクサクと食べることができる。そして溢れ出る肉汁のジューシーさと、フルーティな味のデミグラスソースの相性も抜群で、“ごちそう”を頂いている感覚を存分に味わえる。大阪の街の、古き良き洋食屋のハンバーグといった趣だ。