文春オンライン

《証券営業マン誘拐事件》「指だっ!第一関節から切断されている」 取り調べで“愛人”の心を折った“マル暴刑事”のテクニック

『完落ち 警視庁捜査一課「取調室」秘録』より#1

2021/06/30

source : ノンフィクション出版

genre : 社会, 読書

note

「このまま放置したら指から壊死してしまうよ?」

 無言を貫く下川に市原は苦戦していた。

 以前に捜査2課が、小田嶋を捜査していたことは前述した。下川も一連の捜査で聴取を受けており、警察の取調べに対する免疫があった。素直に小田嶋の居場所を話せと言って、口を割る雰囲気ではない。

 取調室に入ってから、時間は4時間あまりが経過していた。

ADVERTISEMENT

 ジリジリとする空気のなか、市原は春先に行われたオウム真理教の捜査を思い浮かべていた。洗脳された信者の取調べは至難を極めた。そうだ、押してもだめなら引いてみるか……。

──あなたは小田嶋を信用している。それはいい。信じられる相手がいるということは幸せなことだと思う。女としても男としてもね。でも、いま一緒にいた小田嶋が苦しんでいるんだよ。指の麻酔ももう切れている。きっとのたうち回っているぞ。小田嶋はいま隠れている。あなたがいないと病院にも行けない。このまま放置したら指から壊死してしまうよ? それでいいわけないだろう?

「………」

――いまだって小田嶋は痛くて苦しんでいるぞ。助けてやろう。

「うーーん……」

――実際は誘拐されていない、狂言だって知っているよ。だけどね、小田嶋をこのまま放置したら、治療させなかったら命に関わってくるよ?

 市原は方針を変えた。男にのめり込んだ女を引き剝がすことは困難を極める。小田嶋を助けようと語り掛けることで、愛人の“情”に訴えかけたのだ。下川の反応が少しずつ変化してきた。

――もし小田嶋が罪を犯していたら償わせないといけない。でも、今は彼の命を助けることが先決だぞ。

「………」

――おまえは小田嶋を好きなんだろ? 愛しているんだろ?

 下川はコクリと頷いた。

©️iStock.com

愛人は静かにペンを取って……

――このままだと小田嶋は死んでしまうぞ。死んでしまうぞ!

「はい……」

――今まで一緒にいたな?

「はい……」

――どこにいたんだ?

「………」

――言いにくいか。口に出せないなら、ここに書きなさい。

 市原は紙とペンを渡した。

 下川は苦しそうに天を仰ぎ、筆を取った。

〈赤坂〉

 用紙にはそう記されていた。

――赤坂のどこだ? 小田嶋を助けよう。救急車を手配する。続きを書いてくれ。

 下川は再び静かにペンを取った。

〈キャピトル東急〉

 潜伏場所が割れた──。

 【続きを読む 「サザンやB'zの作詞作曲をしている」「ジャンポール・ゴルチエの代理人だった」   ウソで固めた“四億円強奪”殺人鬼が“完落ち”した瞬間

完落ち 警視庁捜査一課「取調室」秘録

赤石 晋一郎

文藝春秋

2021年4月13日 発売

《証券営業マン誘拐事件》「指だっ!第一関節から切断されている」 取り調べで“愛人”の心を折った“マル暴刑事”のテクニック

X(旧Twitter)をフォローして最新記事をいち早く読もう

ノンフィクション出版をフォロー