昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2021/07/04

genre : エンタメ, 読書

出版社から送られてくる献本もすべて読んでいる

──本当に、漫画がお好きなんですね。

森脇 とにかく、漫画がお好きなんだというのはいつも感じています。どんな作品でも読みますし、出版社から送られてくる献本も、すごい量ですが、すべて読んでいます。小学館のパーティーなどで、若手漫画家さんが先生にご挨拶に行くと、「いつも読んでいます」「あの展開は面白かったです」と高橋先生からお声をかけているので、みなさん感動されています。

 

 あとは本当にお優しいというか気遣いの人というか。僕ら編集部が差し入れしたお菓子なんかも「美味しかったです」と必ず感想を言ってくださるんですよ。あれ、地味に嬉しいです。愛にあふれているんですよね。

高橋先生の作品をひとことでいうと「愛」

──連載終了したキャラクターへの感謝の気持ちを綴ったTwitter公式アカウント「高橋留美子情報」の質問への回答にも、高橋さんの優しさがあふれていました。

森脇 高橋先生の作品って、ひとことでいうと「愛」なんです。誰かに嫉妬したり愛したりする感情って、誰にでもありますよね。高橋先生はそれを本当にうまく描くなと思います。

『MAO』は、900年くらい続く愛と憎しみの物語です。過去にとらわれている人たちが未清算の過去をどう清算していくのかという物語のなかに愛情や憎しみが詰まっています。そこに注目して読んでみるとまた面白いので、ぜひ読んでいただきたいです。

 最後に宣伝してもいいですか? 7月16日に『MAO』の第9巻が発売になるので、よければみなさん、買ってください(笑)。

『MAO』9巻で明らかになる摩緒の姉弟子・夏野の隠し事とは…

(撮影:今井知佑/文藝春秋)

MAO (9)

高橋 留美子

小学館

2021年7月16日 発売

この記事の写真(9枚)

+全表示

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー
z