昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

性能はほとんど変わらない!? それでも任天堂が新型Switchを発表した“納得の理由”

2021/07/09

 2021年7月6日、任天堂は新型のニンテンドースイッチとなる有機ELモデルを発表した。新型モデルについてはかねてから噂になっており、4K解像度対応などよりハイエンド(高性能)なものになるのではと言われていたものの、実際に登場したのは従来のマイナーバージョンアップとなるものであった。

画像は任天堂公式サイトより

 この発表に落胆している人も少なくない。ニンテンドースイッチをTVに繋いで遊んでいる人にとって有機ELモデルはほとんど恩恵がなく、わざわざ買う必要がないからだ。あくまで有機ELモデルはまだニンテンドースイッチを持っていない人、あるいはもう1台欲しい人の選択肢として登場したといえる。

 よりコアなゲーマーはハイエンドモデルが欲しいわけだが、一方で筆者はそれが発表されなくて安心している側面もある。確かによりよいニンテンドースイッチが欲しいのは事実なのだが、少なくともいまこのタイミングではないのだ。

残念ながら、新型スイッチはCPU・メモリなどは変化していない

 改めて、新型となる有機ELモデルの特徴をまとめよう。このモデルはTVに接続することもでき、携帯ゲーム機としても使える、従来型と同じハイブリッド形式になっている。さらに有機ELディスプレイが採用されており、より明暗差がはっきりとした色鮮やかな映像が楽しめるようになっている。本体の画面サイズは6.2インチから7インチになった。

 このほかにも細かい改善点が多数ある。スタンドがフリーストップ式になって自由な角度で置きやすくなったり、TVに接続する際に使うドックが有線LANに対応、本体保存メモリが32GBから64GBに増加、スピーカーも新しくなっている。