昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2021/07/11

「新車を車検ごとに乗り換える」のがコスパ最高?

 一方の“新車派”はどうだろう。

「コスパなら断然中古車」という世間の認識に対し、「コスパ面で新車を選ぶ」というユーザーもいる。金融系に勤務する30代のBさんは、社会人になってからずっと、車検ごとに新車を買い換えているという。

「3年おきに車を新しくしていると、お金持ちで車好き、みたいに見られますけどね。別にそんなことないです。むしろ経済的だからこうしてるっていうか」

 頻繁に車を買い換えていれば、周囲から「浪費家」と思われても不思議ではない。それが「むしろ経済的」というのはどういうことだろう。

「最初は就職祝いで祖父にハリアーを買ってもらったんです。細かくはわかりませんが、たぶん350万とか。ちょうど車検が近づいたあたりで、ディーラーから『ハリアーがモデルチェンジしたので試乗どうですか』って案内されて。見積もってもらったら100万ちょっとで買い換えられるっていうので、それならお得じゃんと」

 祖父に買ってもらったハリアーの下取りが高くついたために、乗り換え費用を抑えることができたわけである。この経験から、Bさんは「車検ごとの乗り換え」のメリットを知ることになる。

「その次の車検時にはヴェルファイアが新しくなってて、それを買いました。正直あんま好みじゃないんですけど、そのときの彼女がミニバン好きだったのと、リセールがいいってところで。500万近くしましたけど、ハリアーが200万後半で買い取ってもらえたんで、追い金200万ちょっとですね。その次は兄弟車のアルファードで、100万ちょいで済んだかな。また今年車検なんですけど、彼女とは少し前に別れたので、今またハリアーの納車待ちです。今回は70万くらいで買い換えられました」

「車検ごとの乗り換え」は得なのか

 3年ごとに車体価格400万~500万円の車に乗り換えるというのは、一般にかなり豪華な車遍歴と言えそうだ。周囲にも金遣いが荒いように映るだろうが、実際のところはどうだろう。

 Bさんの話をまとめると、これまで自身で支払った額は470万円ほどとなる。

「ハリアーが来たらまた3年乗るんで、15年分の金額ですかね。1年30万くらいって考えるとよくないですか? まぁ、最初に祖父に買ってもらったのが大きいんですけど」

 仮に最初の車を自身で購入していたとすると、総額820万円にも上る。1年あたりに換算すれば約55万円であり、車両価格に充てる額としてはかなり高い部類に入るだろう。

「でもまぁ、最初に自分で買ってたとしても、新車にかけるお金は掛け捨てじゃないですよね。15年で800万っていうと確かにアレですけど、経験上ハリアーなら3年後でも300万近くで売れそうですし」

z