昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「洗車の手間が減る」「ピカピカな状態が続く」は間違い!? 意外と知らない“カーコーティング”の本当の効果

専門店スタッフが暴露――

2021/06/17

 コロナ禍のもとでの生活様式の変化は、私たちの消費性向にも大きな影響をもたらした。そのなかで、意外にも需要を伸ばした業界のひとつに「カーコーティング」が挙げられる。

 コーティング業界の大手「KeePer技研株式会社」が今年5月に発表した月次情報を見ると、昨年5月以降の月次売上高は概ね前年比120%~150%の水準で推移している。 同社の株価を見ても、1月末の比較で前年の3倍に伸びており、変化の恩恵に与っていると言えそうだ。

 テレワークの推進をはじめ、「巣ごもり」の傾向が強まるなか、家や車といった資産に関心が向くようになったのかもしれない。在宅勤務の最中、目にする機会の多くなった愛車がひときわ輝いていれば、やはり気分はいいだろう。

 また、今の時期は雨が続く毎日のなか、車の美観に及ぼすダメージを気にしている方も多いかもしれない。

コーティングの効果は価格に見合うものか?

 しかし一般に、コーティングの施工価格はそう気軽に手を出せるようなものではない。普通車サイズの価格を見てみると、先のKeePerは2万円程度からガラスコーティングのメニューを用意しているが、コーティング店によっては10万円を超えるものも少なくない。

 コーティング製品に謳われているように、3年~5年にわたって輝きが維持されるのであれば、高い金を払う価値も見いだせるかもしれない。けれども多くの消費者にとって、「コーティングの膜が残っているか」など見極めようがないのであり、実際の「コスパ」はある種のブラックボックスに包まれているとも言える。

©iStock.com

 実際のところ、高価格なコーティングにはそれだけの価値があるのだろうか。

 コーティング業界の実情について、専門店のオーナーやコーティングを扱う量販店のスタッフなどに話を聞いた。

コーティングの保証期間は「理想の環境」が前提

 コーティングのプロに話を聞くなかで、共通の見解として見えてきたのは、「コーティングをすれば当然ツヤや水弾きはよくなるが、数年間効果を保つにはオーナー側でもそれなりに手間をかける必要がある」ということだ。

「コーティング保証期間として3年とか5年、みたいに表示されていますが、あくまでそれは条件が揃ったときの話です。正しい方法で施工して、理想的な環境で保管し、定期的なメンテナンスをする。車のカタログ燃費とか、そういうのと似てますね。ウチではお車の保管環境とか洗車の頻度なんかをまず聞いて、『屋外駐車だとこの年数は正直厳しいです』みたいに説明しています。その辺の説明が不足してると、あとからトラブルになりやすいですから」

「適切な施工」「良好な保管環境」「定期的なメンテナンス」といった条件は、その他のスタッフからも共通して聞かれたポイントだった。