昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

20歳前後の青年が公園で「3万、買うでしょ?」と声をかけてきて…二子玉川セレブ妻が語る“売春”のリアル

『東京裏23区』より #1

2021/07/25

genre : エンタメ, 読書

 犯罪はスラム街で多発する、という固定観念があるが、犯罪は高級住宅地を避けて通るわけではない。実際に、世田谷区一家殺人事件は、高級住宅地として有名な成城からほど近い祖師谷公園の一戸建てで起きた事件だ。

 ここでは、『全裸監督』の原作者としても知られる本橋信宏氏が東京各地を実際に歩いて執筆した『東京裏23区』(大洋図書)の一部を抜粋し、再構成。『実話ナックルズ』での連載をまとめた同書より、セレブイメージの強い世田谷区の知られざる側面を紹介する。(全2回の1回目/後編を読む)

◆◆◆

二子玉妻は欲情する

「3万、買うでしょ?」

 20歳前後の青年が公園で人妻に声をかけてきた。

 ここは世田谷区二子玉川。

 東京23区のなかでもっとも人口の多い区(約87万人、2位練馬区71万人、3位大田区70万人)であると同時にもっとも住みたい区でもある。だがセレブの街にも意外な闇歴史が棲息していたのだ。

 私と連載担当・早川和樹副編集長は金曜日の午前、二子玉川を訪れ“金妻”に接触した。

「ベビーカーの奥さんたちが多いねえ」と私。

「二子玉マダムはマウンティングの勝者ですからね」と、早川副編。

 ベビーカーはドイツ製、フランス製といったがっしりした上級品が目立つ。

 日本オリーブオイルソムリエ会員限定フェアが開催中で、さまざまな高級オリーブオイルが並んでいる。

 平日の午前中にもかかわらず、人混みがラッシュ状態だ。

©iStock.com

 若い人妻が目立つ。

 不思議なことに太った女はほとんどいない。

 ベビーカーを押している30代後半のママに接近、人妻に迫る不倫話を聞き出そうとしたら冒頭の言葉が返ってきた。

「その彼に声かけられたことをお茶飲み友だちのマダムたちに言ったら“あら、買わなかったの?”って言われました(笑)。あのなかで(男を)きっと買ってる!」

 ママはたまプラーザ住まい。

「『金妻』のタイアップで他の路線にTBSが話をもちかけたけど、断られて東急にもっていったんですよ。だから『金妻』のおかげでいまのたまプラーザブームがある。知り合いのテレビプロデューサーが教えてくれました」

 二子玉川は東急田園都市線・大井町線が通る通称二子玉で有名な世田谷区南西部の郊外型都市だ。