昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

将来は外資系金融機関で年収1億円は稼ぎたい

――将来の希望の年収はどれぐらいでしょうか。

はる 将来は最低でも年1億円は稼ぎたいと思っています。ゴールドマン・サックスやモルガン・スタンレーなど、外資系金融機関で勉強したいと思います。外資系を希望するのは、日本の銀行が世界の中心ではないから。母も日系の大手金融機関で働いていますが、扱う金額も規模も全く違います。

写真はイメージ ©iStock

――生徒会長も務めていたとのことですが、学校教育についての意見をお聞かせください。

はる 義務教育をいらないという人もいますが、根本がわかっていなくて失望します。あくまで人間として生きていく最低レベルのことを学ぶ、たった9年間の勉強でしょう。それを放棄するのですから、よほど社会にふさわしい人間なのでしょうね(笑)。義務教育では自主性、自律性、そして社会で生きていくのにふさわしい道徳心が身に着けられると思います。その教育を無駄にすることは、人間失格ではないかと個人的に思います。無駄だという頭の悪い輩がいること自体、日本の教育レベルが地に落ちている証拠でしょう。

 例えばYouTubeの広告規約に変更があればどうでしょうか? 再生数に頼っているだけのYouTuberは絶滅するはずです。他にもnoteでの情報商材ビジネスやオンラインサロンだって、遅かれ早かれ今後は規制が入るはずです。YouTuberや情報商材を売っている人は、今はお金があるかもしれませんが、明日はわからない。高校生の起業家がたくさんおられるのは非常に良いことだと思いますが、そういう人が全員、それなりの見識を持たれているかは疑問に感じます。だからこそ、自分がそうした方々に負けることはないと思っていますね。

この記事の写真(7枚)

+全表示

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー